荒神 宮部みゆき

LINEで送る
Pocket

「あれは、ここらのお山の悪気を集めたもののけだ」

【あらすじ】

時は元禄、徳川五代将軍家光の時代。
東北の山間の仁谷村が一夜にして壊滅状態となる。
隣村の永津野の朱音により
かろうじて命を取り留めた少年蓑吉。
実は、仁谷村を擁する香山藩と永津野藩は
関ケ原の戦い時からの因縁があり
互いに牽制しあっている。
奇異な風土病を巡る騒動…
不穏さをはらむこの香山藩に
「怪物」は現れた。
その後永津野藩の領地に現れる。
香山藩では病みついた小姓・小日向直弥や少年・蓑吉らが
香山と反目する永津野藩では
専横な藩主側近の曽谷弾正や
心優しきその妹・朱音らが
山での凶事に巻き込まれていく

【感想】

私は宮部みゆきさんは「火車」「ソロモンの偽証」など
リアリティがある作品が好きなのでこの作品を知ったときは
「怪物か…」と遠ざけていました。

1か月ほど前にビデオで「シン・ゴジラ」を観て
そのあとにオタキングこと岡田斗司夫氏のYouTubeで
「シン・ゴジラ」の解説とともにこの本を紹介をしていたので
読んでみようと思ったのです。
岡田氏は「庵野くんは、この本を読んでシン・ゴジラを作った」
と言っていたので読んでみると…
いや、その形態と進化は…「シン・ゴジラ」やん!!


小説に現れる怪物は人が作ったもの
人はいつの時代も自分の領土を守るために
怪物を作り出していきます。
荒神の世界…江戸時代では術による怪物であり
今の世では科学による核兵器や化学兵器です。
物語では人が作ったものが、人を襲い人の手に負えなくなります。
兵器もそうなっていくのではないでしょうか。
直弥はこう言います。
「こうしたことをみんな、誰も悪いと思ってしているのではない。
よかれと思ってやっているのだ」
我が藩の領民のため、大事な家族のため、この地に生きる民を守るため
と続きます。
これをエゴだな…と思ってしまうのは簡単。
よく考えてみると、私自身も「私が」「家族が」と
範囲の大小はあれども
エゴの塊やん!!
「私(だけ)が」から「私も(あなたも)」の発想が必要なんですよね。
思うは安し行動は難しい…。

「相手にとって最高の結果を考える

今日はこの言葉を思いながら人と会おう

朝日新聞出版
565頁

【こんな人におススメ】

エンターテインメントが好き
怪獣映画が好き

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください