MAZE  恩田陸

【登場人物】

神原恵弥…ウイルスハンター、男だが何故か女言葉を使う
時枝満…恵弥の幼馴染、恵弥に誘われて今回の調査に参加
スコット…恵弥の同僚
セリム…謎の直方体の建物が建つ国のエリート

【あらすじ】

イラクとの国境近いアジアの西の果て
満は恵弥に誘われ
「一度中に入ると戻れない人間が多くいる」
という伝説がある白い直方体の建物の調査に行く。

恵弥以外にもスコット、この国の若者セリムがチームに参加し4人での一週間が始まる。
満以外の3人は作業を、満は恵弥から渡されたレポートを読み込み、
人が消える謎について仮説を考える。
満がある仮説を立てた。
しかし直後にセリムが消える。
満の仮説は正しいのか?
セリムは生きているのか?

【感想】

うーん、満の存在って…??
謎が解き明かされるにつれ、
満がなぜ同行する必要があったのか
わからなかったなぁ。
言うほどミステリーでもないし
ファンタジーでも無く…。
消化不良の感がありますが、友人によると
この話はシリーズ化されていて
次の作品から面白くなるらしいので
次作「クレオパトラの夢」に期待します。

恵弥は何故か私の中では男だけど天海祐希さんだった(笑)

双葉文庫
264頁

【こんな人におススメ】

ミステリー好き
不思議系の小説が好きな人