天上の葦 太田愛

LINEで送る
Pocket

10月10日土曜日の正午
渋谷のスクランブル交差点で老人が
何もない空を指して絶命する。
鑓水の探偵事務所に
「老人が指していたものは何か?」
との依頼が服部を通じて磯部から舞い込む。
謝礼は1000万円
因縁のある磯部からの依頼とあり修司は断るように勧めるが
鑓水は依頼を受けなければならない事情があった。

一方、刑事の相馬は停職中。
そんな相馬の元に警視庁公安部課長代理の前島から
同じ公安部の刑事で失踪した山並を見つけるようにと
極秘の任務を受ける。

全く関係のない2つの出来事が繋がっていたと知り
鑓水、修司、相馬の3人は瀬戸内海にある曳舟島に向かう。
そこで得た真実は、遠く70年以上前に起きた太平洋戦争にまで
遡るのだった。

 

毎回、太田さんの小説には社会問題が提起されている。
今回は「報道の自由はあるのか?」
シリーズ前作の「犯罪者」「幻夏」とも事件の解決に欠かせない
ツールとして「メディア」が登場していた。
今回はその「メディア」そのものが事件のカギとなる。

太平洋戦争時では報道がコントロールされた。
戦況を正しく伝えず、人々は逃げることは許されず
焼夷弾が落ちても消火活動をすることを求められた。
そのために各都市での大空襲では多くの命が奪われる。
疎開さえしていれば多くの特に子ども達の命を奪われずに済んだ。
当時の大本営報道に携わった老人は言う。
「火は小さいうちに消さなければ」

今回この小説を読んで2つの事を思った。

1つは、何故この題材なのか。
今、まさに「小さい火」なのだという
著者のメッセージなのではないかと受け取った。
新聞やテレビが報じる内容は本当に真実なのか?
東日本大震災時における原発事故や
沖縄で起こっているオスプレイの事故など
本当に真実が全て報道されているのだろうか?
メディアコントロールの恐ろしさを知ったうえで
真実を見極める目が今、求められているのだと感じた。

もう一つは、戦時中の私の祖母の行動。
当時は隣組でお互いを監視するような状態だった。
祖母は当時神戸で暮らしていて回覧板には
「爆撃があっても家を守り逃げません」という署名が
回ってきて署名したらしい。
神戸も空襲にあい「このままだと死んでしまう」と
思った祖母は幼い母の手を引いて逃げたそうだ。
もちろん家は丸焼け、そのまま残っていたら死んでいたと。
祖母が母と逃げてくれたおかげで今の私が存在する。

次の作品が楽しみだ




 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください