• スポンサードリンク

チームⅡ 堂場瞬一

Pocket

 

「俺たちはチームだから」

浦大地が箱根駅伝でキャプテンとして率いる寄せ集めの学連選抜チームが
箱根駅伝でゴールしたあの日から7年。

山城は実業団タキタで走っていたが、足を故障し手術を受けたが
自ら課したトレーニングで太ももを痛めて2年レースから遠ざかっていった。
そんな折、タキタが業績不振から陸上部を廃部にすることを決める。
山城は自分のマラソン人生に幕を引くことを考え始めていた。

一方、浦は実業団を経て母校の城南大学陸上部の監督に。
今年の予選会で城南大は11位で出場ならず。
浦はオープン参加となった学連選抜改め学生連合と名を変えたチームの監督になった。
山城の状況を知った浦はかつての学連選抜のチームメイトに声をかけ「チーム山城」を結成し、「五輪記念マラソン」に出場できるように奔走する。
最初は拒んでいた山城だが浦に電話で「世話になるから」と告げる。
山城は復活するのか…。

 

今回は孤高のランナー山城くんが主役です。
浦くんが学生連合の監督になったので箱根駅伝の様子もあり、
孤高の山城くんが少しずつ変わっていく様子が描かれていて
この本も一気読みでした。
途中、山城くんと因縁の対決をした甲本くんもチーム山城に入ります。
で、なんと「チーム」で浦くんとデッドヒートを繰り広げた広瀬くんが今回、山城くんと走るのです。
ここも見どころです(≧▽≦)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ぐーりん

ぐーりん 大阪生まれ、大阪在住 小さい頃から本とラジオが大好きで小学生の頃の夢はラジオのDJ そんな夢はすっかり忘れて福祉施設に働くこと26年 50歳を目前にして、いろいろな事がカウントダウンできる年齢になったと痛感 大人の青春を楽しもうと決意 そんな中、フォトリーディングやインターネットラジオと出会い ラジオのパーソナリティに40年の時を経て、夢を叶え、 本を通して人と人を繋げる読書会を開催 今は、志を同じくする仲間と 「もっと自由に生きることはできないか」と模索中 facebook http:// www.facebook.com/honskiy.guurin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • スポンサードリンク