波のうえの魔術師 石田衣良

LINEで送る
Pocket

 

「マーケットに恋はできない」

俺、白戸則道。
大学を1年留年して5年通い卒業した。
就職できず親父にもう一年間だけ仕送りを頼み
毎日パチンコ屋に通っていた。

ある日、開店を待っていたら右翼の街宣車が
通りの先にあるパチンコ屋の新装開店を反対していた。
1人の身なりのいい老人が、特攻服とガードマンの間に割って入っていった。
老人に叫ぶスキンヘッドを街宣車から「ヤメロー」と兄貴分の男、辰美が叫ぶ。
辰美は老人に平謝りして帰って行った。
それが、俺とジジイ「小塚泰造」との出会いだった。
数日後、ジジイから日当1万円で秘書として働かないかと持ち掛けられた。
次の日、言われた場所に行くとジジイは部屋の中でいくつものディスプレイを眺めていた。
投資家だったのだ。
俺は新聞を読み、なじみのある「まつば銀行」の株価をノートに書きこむ。
これが仕事だった。
マーケットを一から叩き込まれた俺は、ジジイがたくらむ計画に巻き込まれていく。

 

この小説は1998年の春から始まっています。
銀行が生命保険会社と組んで売り出した融資付き変額保険で
お金が返せなくなった老人に担保にしていた土地を取り上げ多くの老人が命を絶ったことをベースにしています。
小塚氏は友人をこの変額保険で亡くしてしまいます。
そのリベンジを企て相棒として白戸くんに白羽の矢を立てたのです。
投資やマーケットの事がわからなくても読めます。
読んだ後はスッとし白戸くんの成長物語でもあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください