高田大介 「図書館の魔女」 講談社

LINEで送る
Pocket

「おススメのファンタジー本」

岐阜県 ラジオネーム ぶんこさん

高田大介 図書館の魔女 講談社

 

①この本のおススメどころ

政治にも強い影響力をもつ「高い塔」の住人マツリカ。抜群の博識を誇る彼女は、唖者である。

そのマツリカに仕えるキリヒト。マツリカとキリヒトは、繋いだ手のなかで自在に会話を操るようになる。

「言葉の力」を感じさせる強いパワーのある作品です。
②この本との出会い

文庫化されて、書店に平積み。表紙はいまいちですが、タイトルに捕まりました。
③ブンコさんにとってファンタジーとは

現実から逃避して逃げ込む世界。できればあちらがわの住人になりたいです。って言うか、あちらがわの人なのに、

ここにいるのかも?(笑)

補足
高い塔=図書館
図書館の主であるマツリカの博識ぶりに、畏敬の念を込めて人々は魔女と呼んでいるのデス。

単行本では上下巻 文庫本では全4巻になっています。

講談社の特設ページ 担当者のコメント・登場人物の紹介

担当者のコメントでは、何故この装丁なのか…の話が載っています。

単行本ではシリーズ2作目 「図書館の魔女 カラスの伝言(つてごと)」

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください