雑誌 ビッグイシュー

LINEで送る
Pocket

雑誌 ビッグイシュー

ホームレスの方に収入を得る雑誌です

困っている人の手助けが何かできないか…と思っている時に知った雑誌

ビッグイシューは1991年にロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊しました。

ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業です。

厚生労働省の調査(2012年)では野宿生活者の約6割を超える人が働いており、約3割の人は仕事

をして自立したいと思っています。

『ビッグイシュー日本版』は働き収入を得る機会を提供します。

『ビッグイシュー日本版』は、市民社会を創造していくオピニオン誌

ビッグイシュー日本版4つのコンセプト

① 世界のストリートペーパー・ネットワークで日本と世界をつなぐ国際雑誌

② 時代のマイナス条件をプラスに転換し、若い世代が生きやすい社会をつくる社会変革雑誌

③ セレブからホームレスまで、誌面で多様な人生が展開する人間雑誌

④ 意外性を楽しむポストエンターテインメント雑誌

表紙を飾っているのは、坂本龍一・松本人志・ポール・マッカートニー・羽生善治などなど有名人です

全28頁でその中で特集があり、勿論表紙を飾っている有名人のスペシャルインタビューも掲載されています。

雨宮花梨さんのエッセイ「世界の当事者になる」は「おっ」と思う世界観が短いエッセイの中に繰り広げられています。

そして、自閉症の当事者東田直樹さんのエッセイ
「自閉症だという事実は、自分が何者かという意味において重要な答えのひとつ」と書いています。
(2015年8月現在)

ビッグイシューのホームページ

ビッグイシュー日本版|BIGISSUE JAPAN
www.bigissue.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください