道尾秀介 「カラスの親指」 講談社

LINEで送る
Pocket

道尾秀介 カラスの親指     講談社

人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。

「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは?息もつかせぬ驚愕の逆転劇、そして感動の結末。
「このミス」常連、各文学賞総なめの文学界の若きトップランナー、最初の直木賞ノミネート作品。第62回日本推理作家協会賞受賞作。

タケこと武沢竹夫はやさぐれたベテランの詐欺師。
元はまっとうなサラリーマンだったが、闇金の取り立てで職を失う。
なし崩しに借金取りにさせられヒグチというヤクザに追い込みを命じられる。
その結果、娘を抱えた母親が自殺。良心の呵責から経理資料を警察に持ち込んだ結果、ヒグチたちは逮捕されたが、タケは自宅を放火され幼い娘を失う。
なにもかも失ったタケは自殺を図ろうとするも死にきれず、復讐を恐れ逃げ回る生活を余儀なくされていた。

そんなとき、鉄橋で下をのぞき込む男(テツ)を見かける。
自分も追い詰められた過去を持つタケはテツを拾い、二人はコンビを組んで仕事を重ねる。
競馬場で一仕事終え、ラーメン屋で食事をしていた二人は住んでいるアパートが火事になったことを知り慌てて逃げ出す。

タケとテツは綾瀬に一軒家を借りて新生活を始めた。
上野での一仕事のあと、二人は仕事に失敗したスリの少女(まひろ)を見かけて逃がしてやる。
その後、まひろから生活に窮していることを聞かされたタケは一万円札を渡し、困ったことがあればウチに来いと誘う。

ある朝二人が目覚めると若い3人の男女が茶の間に勝手に上がり込んでいた。
それはアパートを追い出されたまひろと、美人だが常識も生活力もない姉のやひろ、そしてやひろの恋人で図体はデカいが気が小さい元イジメられっ子で失業中の時計職人貫太郎だった。

貧乏人同士助け合おうというタケの提案で5人は共同生活を始める。

子猫の「トサカ」も加わり、家族のように暮らす5人だが、平和な日々は長くは続かなかった。
怪しげな車が様子を伺うようになり、ボヤ騒ぎが起きる。そして、「トサカ」が姿を消し、変わり果てた姿で発見される。

5人はヒグチへの復讐を企てる。だが、その後明らかになったのは思いも寄らないとんでもない事実だった・・・。

 

『向日葵の咲かない夏』

設定が過酷で、それ以来読んでいない

この作品は「やられた」

映画

武沢竹夫(タケ):阿部寛
入川鉄巳(テツ):村上ショージ
河合やひろ:石原さとみ
河合まひろ:能年玲奈
石屋貫太郎:小柳友
質屋の店主:ベンガル
競馬場の客:ユースケ・サンタマリア
豚々亭のマスター:戸次重幸
ノガミ:古坂大魔王
馬々亭の店員:なだぎ武(ザ・プラン9)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください