武田双雲 「むなしさの正体」

LINEで送る
Pocket

武田双雲 「むなしさの正体」

書道家の武田双雲さんは自ら発達障害であることをオープンにして講演活動も行っている書道家です。

この本は誰もが抱える「むなしさ」についての正体とその付き合い方を書いています。

双雲さん自身も子どもの頃にむなしさを感じたそうです。

家にいても学校にいても、気が休まらない。

言いたい事が伝わらず何をやっても上手くいかず、心の中にはもやもやしたものが、ずっと溜まっている状態。

そうそう私もそうだった。

仕事で任されたイベントを成功させたのに、達成感は一瞬だけで後はなんだかもやもや…そのうえやる気もでなくなった時がありました。

いろいろなむなしい状態を経験しての共通項は

「受動的な人生だった」

「むなしさ」の原因は未来志向・成長主義が原因

え?何故?

未来志向って前向きでいいんじゃないの?

目標設定が具体的であればあるほど、目標が達成された時にやってくる「むなしさ」

それは、燃え尽き症候群とも似ているかもしれません。

じゃあ、むなしくならない為にはどうすればいいの??

成長にこだわり過ぎない(拘らないではないですよ)

そして、今、目の前のことを楽しむ!!

目標を数値化せず、目標達成に拘らず「ビジョン」を描くことを習慣づける。

と、あります。

「目標」と「ビジョン」の違いは???

「世界中の人々が楽しく暮らす、そんな夢を描きながら、それを忘れるくらい自分が瞬間瞬間を楽しむ。出会う人、目の前の人を楽しませる」

具体的な目標ではなく、その先にあるもの…と私は捉えました。

「過去は変えられる」

「感情が事実を呼びこむ」

「自分をチューニングする」

「あるもリスト」

「トラウマに苦しまない方法」

など、むなしさと付き合い自分をコントロールする、すぐにでもできる具体的な方法も書いてあります。

実際私も自転車通勤で、細い道で前を歩いている人が真ん中を歩いていたりすると「もうっ、行かれへんやん(関西人です)」と心の中で毒づいてました。

この本を読んだ後は、擦れ違う人全員に心の中で「おはよう~」と呟いていたら、なんだか気持ちがご機嫌さんに(^^♪

少しはチューニングできたかも

そして、書道家ならではの文字の説明もこの本の魅力です。

「頑張る」…「頑なに張る」「嘘」…「口に虚しい」「儚い」…「人の夢」

ちょっと不思議でなんだか元気がもらえる双雲ワールドに浸ってみませんか  おススメの一冊です

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください