星新一 「ぼっこちゃん」

LINEで送る
Pocket

私は、SF小説が大好きです。
映画もスターウオーズや未知との遭遇を見ていました。
大画面で見るSF大作は迫力もありワクワクしたものです。

そんな私がSF小説のはまったきっかけが…

「星新一」  ぼっこちゃん

小学校5年生の時に友達にすすめられました。

文庫本を渡され、夢中になって読み
本屋さんで文庫コーナーで持っていない本を見つけると
買って読んでいました。

そんなぼっこちゃんのstoryは…
ぜひ、本を手に取ってくださいね。

星さんのショートショートは昭和40年代に書かれたものが多いのですが、
私が印象に残っている話は、

地球上では各国で争いが絶えない日々が続いていたが、
ある日、宇宙から地球を襲う宇宙人がやってきた。
これまで争っていた各国は協定を結んで、
宇宙からの攻撃をかわす。

子ども心に「国同士が仲良くなるには外敵がいないとダメなんだ」
…と思いました。

星さんの話に出てくる登場人物は名字ではなく
「エヌ氏」「エフ氏」と表記しています。
英字にすると文章から浮いてしまう。
そんな配慮をされている星さんがとてもステキです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください