推理小説×ジグソーパズル 「鏡の国の住人たち」京都大学推理小説研究会

LINEで送る
Pocket

10月のホンスキーズBOOKのテーマは「目からウロコ本」

いろいろなウロコ本がありましたが、今日私がお薦めするのはこれ!!

推理小説×ジグソーパズル 鏡の国の住人たち 

数々のミステリー作家を輩出した、京都大学推理小説研究会が発行したこの本

本になんとジグソーパズルがついている。

そして、それが本編にも関わっているという仕掛け

まさに「目からウロコ!!」

Amazonさんを覗くと…

【本書の楽しみ方】

(1)推理小説の「問題編」を読む。

(2)謎の真相を解くため、推理しながら300ピースのジグソーパズルを組む。

(3)パズルの謎が解けたら、小説の「解決編」を読んで事件が解決!

※ジグソーパズルにはあるちょっとした仕掛けが施されているため、難易度は高めです。

【内容物】商品パッケージサイズ 170×145×50mm

・推理小説(64ページ)

・300ピースジグソーパズル(26×38cm)

・登場人物が描いたイラスト

【あらすじ】

元科学者で資産家のベンジャミンが遺産を隠して亡くなった。

隠し場所のヒントは、資産家が遺族に遺したジグソーパズル。

しかしパズルのピースは不足していた。

そこで遺族は、調査会社に残りのピースの発見を依頼した。

こうして調査を行うことになったラルフとビッキーは、

資産家の養女で不思議な感覚を持ち、謎の鍵を握るという少女・マリアと出会う——。

買うべきか、見送るべきか…今日で3日悩んでますσ(^_^;)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください