吉行淳之介「砂の上の植物群」

LINEで送る
Pocket

岐阜県にお住まいのてるてる坊主さん

課題図書買うって言って親からお金貰って、他の本ばっかり買ってたかな(笑)

中3で吉行淳之介の「砂の上の植物群」を読む様なマセガキでした(笑)

「課題図書を買うと言って違う本を買い始めたのは、いつからですか?

真似する人が増えたら大変ですから止めた方が(笑)

中学生になってからかな、課題図書は人に借りて感想文書いたっけ(笑)

プラモデル作りに凝っていて戦記モノや資料に代わりました。(笑)

「中学生の頃は、どんなお子さんでしたか?読んでいた本は、やっぱり吉行淳之介が多かったですか」

吉行淳之介は「砂の上の植物群」だけ(笑)

青春の蹉跌、青春の門、など、やっぱりマセてた(笑)

部活はバスケ、

戦時中の飛行機のプラモデル作り、

ギター始める(フォークソング)、

最初に買ったレコードは吉田拓郎の旅の宿(笑)

「ギターで一番最初に弾けるようになった曲はなんですか?」

うーむ、確か、結婚しようよ、だったかな。

音譜僕の髪が肩まで伸びて」(笑)ラブラブ

沢山本を読む様になったきっかけが美人な新卒の国語の女教師が「青春の蹉跌」を貸してくれた

事ですから・・話をする為ドンドン借りてましたね~(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください