京極夏彦「百鬼夜行シリーズ」

LINEで送る
Pocket

東京都の京極優希

京極夏彦さんの百鬼夜行シリーズ(京極堂シリーズ)

大好きです。

分厚いレンガ本と分冊版の2種類の文庫形態で出ています。

①京極堂シリーズを読み出したきっかけ

大学生のとき、部活の合宿に持って行く本を探していたら、

たまたま家に『狂骨(きょうこつ)の夢』のノベルズがあったのを見つけたのがきっかけです。

面白そうだと思い、読んでみたら見事にハマりました。

②京極堂シリーズの魅力

昭和20年代の空気と妖怪とミステリーを上手く絡ませたところにあると思います。

事件を犯人が起こしたのではなく、

犯行の全ての原因が妖怪という憑き物にある発想、

タイトルが全て妖怪の名前になっているのも魅力でしょうか。

部活は合唱部で活動内容はまんま、学園祭や定期演奏会に向けての歌の練習です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください