「15少年漂流記」 ジュール・ヴェルヌ/著

LINEで送る
Pocket

神奈川県 みっちょむさん

「15少年漂流記」 ジュール・ヴェルヌ/著

「15少年漂流記」のオススメどころ

児童文学の良いところは、安心して結末が迎えられること(笑)

バッドエンドは滅多にないですもんね?

漂流してしまった15人の少年たちが、
ふりかかる災難や問題をどのように「解決」いくか。

特に、反目しているブリアンとドニファンに和解のときが訪れるのか?

それはいつ?どのように?頑張れ!少年(笑)

その本との出会いは?

もちろん学校の図書館です。

当時はamazonも電子書籍もなかった。

両親はそれほど子供の行動に頓着していなかった時代ですので、

地域の図書館に連れて行くほど親切ではなかった。(笑)

子供は学校の図書室に本を求めるしかなかったのです。

熱心な図書室通いは、貸出カードを埋める競争に勝つことが

目的だったような気がしないでもないですが(笑)・・・。

でも、そのおかげで本好きっ子になれました。

児童文学の魅力 

もちろん安心して迎えられる結末です。

幸せになる登場人物を見て、自分も幸せになれる!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください