「銀二貫」高田郁

LINEで送る
Pocket

「おススメの時代小説」です
大阪府 四十路の働き蜂さん

「銀二貫」高田郁

この本の魅力は元武士の子息が町人(寒天問屋)として生きていく所です。

身分が変わるとこで計り知れない苦労はあるが、

今ある環境を受け入れ成長していく、主人公の逞しさを感じました。

寒天問屋として『もっと寒天を広めたい、多くの人に知って欲しい』と、

寒天を使った料理を試行錯誤し、突き詰めていく姿は、

物作りに真っ向から取り組む日本人、そのもの。

今注目されている『下町ロケット』の技術者達にも通ずる精神かもしれません。

また、タイトルとなっている『銀二貫』ですが、

生きたお金の使い方とは何なのか、考えさせられる小説でした。

大阪に住む私には、馴染みのある地名がたくさん出てくるのも魅力です。
<font color=”#00CC00″>この本との出会い</font>
本屋さんに行った時に『大阪の問屋と本屋が選んだ、

ほんまに読んで欲しい1冊』のポップが目に飛び込んできて、思わず手に取りました。
<font color=”#00CC00″>時代小説の面白さ</font>
大阪が舞台になっている小説を読むことが多いのですが、

地名など、今 自分が生活している街とリンクしていることがあり、

タイムスリップしたような楽しさがあります。

『数百年前、あの小説のこの人物が、ここで…』と想像するのが楽しい。
<a href=”http://stat.ameba.jp/user_images/20160124/08/29greenpeace/17/11/j/o0333049913548567483.jpg”><img src=”http://stat.ameba.jp/user_images/20160124/08/29greenpeace/17/11/j/t02200330_0333049913548567483.jpg” alt=”” width=”220″ height=”329″ border=”0″ /></a>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください