「空の名前」 高橋健司

LINEで送る
Pocket

「空の名前」 高橋健司

写真集

読むより見ると言った本です。

「雲の章」「水の章」「氷の章」「光の章」「風の章」「季節の章」に分かれています。

「水の章」より

「洗車雨」

洗車できるくらいの雨?

と思っていたら…

7月6日に降る雨の事を言います。

7月7日に降る雨は、「洒涙雨」

中国から伝えられた言葉で、牽牛と織女の会う事のできない怨みをいうそうです。

漢字の使い方もオシャレ

七夕は晴れる日が少ないですよね

漢字は中国から伝えられる

日本語は綺麗で奥が深いと思います。

「半夏雨」

夏至から数えて11日目の半夏生の日に降る雨を言います。

半夏生は知っていました

本で…「半夏生」と言う警察小説があるので。

目からウロコの理由

「天使の梯子」

曇っているが、ある一部分だけ陽が射している。

雲の切れ間から差し込む、幾筋もの神々しい御光は、あたかも天と地を行き交うための

階段の様に思えます。

そこで、ヨーロッパでは、これを天使の梯子、ヤコブの梯子などと言うそうです。

この本は、ぼーっとしたい時

雨が降っていて外には行きたいけど、気持ちは外に行きたい

気持がうつうつとしている時

この本を読むと旅行に行きたくなる。

写真を見ながら妄想…

その場に自分が居てる様な妄想をしていて、あっという間に時間が経ちます。

自分の気持ちを切り替えてくれる一冊です。

同じ出版社から

「宙の名前」

天体写真と、夜空にまつわる言葉の数々をまとめた永遠の名著。人気のロングセラーをデジタル化、きれいになって再登場!

「色の名前」

自然にまつわる多彩な色の名前を、その由来となった自然風景の写真とともに紹介した、

色彩図鑑。

光琳社から出版ですが、

光琳社は今はないのでAmazonなど通販か古書店でこの本は買えますよ。

たまには写真集を見てみるのもいいのでは??

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください