「点と線」松本清張

LINEで送る
Pocket

「点と線」松本清張

料亭「小雪」の女中2人と、東京駅の13番線プラットフォームで見送られていた

機械工具商会を経営する安田辰郎。

この3人は、向かいの15番線プラットフォームに、

同じく「小雪」で働くお時が男性と夜行特急列車「あさかぜ」に乗り込むところを見つける。

だが数日後、お時とその男・佐山は、香椎の海岸で情死体となって発見された。

一見ありふれた情死に見えたが、博多のベテラン刑事・鳥飼重太郎は、

佐山が持っていた車内食堂の伝票から事件の裏の真相を探るため

一人、捜査をすることにする。

一方、佐山は現在社会をにぎわしている××省の汚職事件の関係者であった。

この事件を追っていた本庁の刑事・三原紀一は、

心中事件を追って九州へ向かい、鳥飼と出会う。

捜査の結果、二人は、東京駅で13番線プラットフォームから

15番線プラットフォームが見えるのは、

1日の中でわずか4分間しかないことを突き止め、

安田を容疑者として追及しようとする。

だが、安田には完璧なアリバイがあった。

作品が書かれた当時はまだ新幹線が開業しておらず、

飛行機の利用も一般的ではなかったため、

日本国内の旅行・移動には、相当遠距離でも鉄道(主に急行列車)

が用いられていたこと等、当時の社会状況が反映された内容になっています。

今は、列車に乗る時に時刻表を見て、列車と列車の繋がりや

空き時間が何分あるから、駅そば食べよう…。

って考える人は随分少なくなったでしょうね。

今や、スマホで出発駅・到着駅・時間を設定するとすぐに出てきますものね。

20代の頃に、特急を使わずに東京に行こう!!と友達と4人で時刻表を調べながら

前日の夜7時に大阪を出て、あくる日の6時過ぎに東京につきました。

楽しかったなぁ。

今でも時刻表は売っているので、そんな旅をまたしてみたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください