「本を守ろうとする猫の話」 夏川草介

LINEで送る
Pocket

高校生の夏木林太郎は祖父と二人暮らし。

祖父は古書店「夏木書店」を営み林太郎は学校に行かず「夏木書店」にこもっていた。

そんなある日、祖父が急に他界。

叔母に引き取らる事になるが、引っ越しの準備に気持ちが向かないある日

人間の言葉を話すトラネコが現れる。

「お前の力を借りたい」

そうして、林太郎は「閉じ込められた本」を解放するために、トラネコと薄暗い店の奥に進んでいく。

 

話す猫と孤独な男子高校生。

そこにクラスメートの女子学生「沙夜」がからんできます。

紗夜は読書家では無いのですが、そんな紗夜の一言

「本好きって、本の話になると普段とは全然違う表情をする」

オフ会のときのみんなの顔が思い浮かびました(*^^*)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください