「占星術殺人事件」 島田荘司

LINEで送る
Pocket

東京都の ジョディさん

「占星術殺人事件」 島田荘司

「占星術殺人事件」の魅力は?

島田荘司のデビュー作であり、のちに、

何作もシリーズで書かれている名探偵、御手洗潔もデビューした作品です。

なんといってもトリックの凄さがイチオシですが、

時代の味わいや、占星術とのからみ、

そして!御手洗潔のキャラクターの素晴らしさ!ムードもたっぷり。

絶対に後ろのページを見ずに、先入観なしで、読んで欲しい作品です。

「この本との出会いは?」

これは…あまり覚えていません。普通に本屋さんで手に取りました。

「ジョディさんにとって推理小説とは?」

先が気になって仕方がないもの!読むのが止まらなくなる話が好きです。

「ラジオネームのジョディの由来をお聞かせください」

若い頃、外資で仕事していて、何人かそーゆー外人名がついていたんです(^O^)

その頃の仲間は、いまでもジョディって呼びます(笑)

音譜この本は1980年に第26回江戸川乱歩賞に応募された

『占星術のマジック』を改稿・改題した作品です。

事件の解決編が「袋とじ」という体裁で刊行されたことでも話題になり、

初版の袋とじ未開封の物はコレクターズ・アイテムとして高値で取引されています。

Amazonでみたら10/29現在3万円の根がついていました。

映画『星籠の海 (せいろのうみ)探偵ミタライの事件簿』

脳科学者・御手洗潔を主人公とする

小説作日本を代表するミステリー作家・島田荘司の大人気シリーズ品は、

1981年の「占星術殺人事件」からはじまり、総部数330万部を更新し続けています。

第1作目「占星術殺人事件」は、

2014年1月にイギリスの有力紙「ガーディアン」において

「世界の密室ミステリーベスト10」の第2位として認められるほどの

本格ミステリー作品。

和製シャーロック・ホームズとも称される

天才探偵・御手洗潔が登場する作品は、中短編あわせて49作を数え、

34年もの長きに亘って、ファンに愛され続けられています。

レベルを越えた天才ぶりゆえに、

このキャラクターを演じることの出来る俳優など存在しない――。

それゆえに、映像化を拒み続けてきた原作者・島田荘司が、

ただ1人「彼であれば……」と、その出演を熱望したのが

、映画『ウォーターボーイズ』で一躍脚光を浴び、

その後テレビドラマ「のだめカンタービレ」『幕末高校生』

『神様はバリにいる』など様々なジャンルの話題作に出演し、

現在の日本映画界の一翼を担う玉木宏です。

そしてその確信は、前述のドラマ「天才探偵ミタライ~難事件ファイル

「傘を折る女」~」(フジテレビ系列)によって見事に証明されました。

「期待以上の御手洗で、原作者として大変うれしく思います」と島田氏も大満足だそうです。。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください