「八朔の雪 みをつくし料理帖」 高田 郁

LINEで送る
Pocket

「八朔の雪 みをつくし料理帖」 高田 郁さん

時代小説です。

幼い頃に水害で両親と親友を亡くした澪。

生き倒れになりそうな所を大阪の有名料理屋「天満一兆庵」の女将、芳に助けられる。

その後、訳あって澪と芳は江戸へ。

「つる屋」という蕎麦屋で働く澪は、江戸で上方の料理を出すが、

なかなか客に受け入れられない。

幾多の困難に立ち向かいながらも作り上げる料理と、

人々の人情が織りなす、連作時代小説です。

号泣とはいきませんが、何回も読んでいて涙ぐんでしまいました…。

一冊目を読み始めてはまってしまい、

「花散らしの雨」

「想い雲」

「今朝の春」

と読み終えて、只今第五弾「小夜しぐれ」を読んでおります。

文庫本で読んでいるのですが、巻末には解説ではなく

話に出てくる料理のレシピが載っています。

それもまた楽しみです。

ちなみにこの本は、大阪天満宮の古本まつりで私の所にやってきた本達ですチョキ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください