• スポンサードリンク

「ムーミン谷のクリスマス」トーベ・ヤンソン

Pocket

「あの人に送る一冊」

東京都 京極 優希さん

「ムーミン谷のクリスマス」

参加している研究会(聖書の勉強会)の参加者様へ。

クリスマス会のプレゼント交換用にトーベ・ヤンソンのムーミンコミックスから

『ムーミン谷のクリスマス』を選びました。

ムーミン好きの方に当たったので何たる偶然!

「ムーミン谷のクリスマス」を選んだ理由は?

クリスマス会のプレゼント交換用に1000円程度(これは決められた金額です)

のプレゼントを近所にある雑貨とデザイン中心の本を置いてある書店で探していたとき、

置いてあった絵本が可愛くて目を引きました。

その中で、クリスマスということもあり、

『ムーミン谷のクリスマス』というムーミンコミックを選びました。

クリスマス会には、毎回本を選んでいるのですか?

いつも選んでいるわけではないです。

大学生の頃、ボランティア先のクリスマス会のときに

子供にあげるプレゼント(くじ引きで選ばれる)に

銀色夏生さんの要らすとストーリー、

『ナルシスナルくん』を選んだことがあるくらいです。

優希さんのムーミンへの思いを聞かせて下さい( ˊᵕˋ* )

ムーミンへの思い……スナフキンは私の哲学、

それ以上でもそれ以下でもありません。

本を贈るときに心がけていることはなんですか?

本を贈るときに心がけていることですね。

もし贈るとしたら小説や専門書のような本は

避けるようにしたいと思っています。

絵本のような年齢関係なく楽しめるものが無難だと思うので、

そういう類いのものを選ぶ傾向があります。

☆2015年は、「ムーミン」出版70周年です。

みんなにもっとムーミンを知ってほしい。

そんな思いで始まった8月9日の「ムーミンの日」。

2005年ムーミン60周年を機に、

作者トーベ・ヤンソンの誕生日8月9日をムーミンの日と定めて以来、

8月9日には様々な催しを開催しています。

「生きるって、すばらしいことだなあ。

どんなものでも、なんの理由もなしにいっぺんにかわることがあるんだねえ」

―ムーミントロール―

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ぐーりん

ぐーりん 大阪生まれ、大阪在住 小さい頃から本とラジオが大好きで小学生の頃の夢はラジオのDJ そんな夢はすっかり忘れて福祉施設に働くこと26年 50歳を目前にして、いろいろな事がカウントダウンできる年齢になったと痛感 大人の青春を楽しもうと決意 そんな中、フォトリーディングやインターネットラジオと出会い ラジオのパーソナリティに40年の時を経て、夢を叶え、 本を通して人と人を繋げる読書会を開催 今は、志を同じくする仲間と 「もっと自由に生きることはできないか」と模索中 facebook http:// www.facebook.com/honskiy.guurin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • スポンサードリンク