「アイデアが枯れない頭のつくり方」 高橋晋平 阪急コミュニケーションズ

LINEで送る
Pocket

今週はビジネス本を紹介します。

「アイデアが枯れない頭のつくり方」 高橋晋平 阪急コミュニケーションズ

著者はおもちゃメーカー、バンダイの企画開発で仕事をしています。

彼が手がけた商品は「∞プチプチ」「鳥人間」「猫背」など。

「企画」は考え続ける仕事…そう言う高橋さんが、アイデア発想の三原則を書いています。

アイデア発想の三大原則

① A×B=C

Aは考えたいテーマ Bは万物 Cはアイデア

Bの万物はランダムがよく、しりとりなどで言葉を出していく

② アイデアは「量より質」ではなく「質より量」

③ まずはダメなアイデアから出し始める

良いアイデアを出そうと思うからでない。

まずは、ダメなアイデアを数多く出すこと。

1000のアイデアがあれば、その中に1つ良いアイデアがある。

そして、アイデアを通す3つのポイント

a 通らないものは通らない

b 通るものはさらっと通る

c 本気で通したいものは、いくらでも通す方法がある

そして、

「アイデアとは、問題解決法です。

人の問題や欲求を知ると、アイデアは自然に生まれてくる」と展開されます。

そして、最後に「アイデアパートナーを見つけ、楽しく会話をすること」が提案されています。

最良のアイデアパートナーは

・気を使わない間柄である

・気が合うが、違うジャンルの知識を持っている

・話していて楽しく、会話が途切れない

・意見が食い違っても気持がツラくならない

・好きな食事が一緒である

・アイデアの話しをしても情報漏えいにならない間柄である

・アイデアの話をしていても恥ずかしくなく盛り上がる

私には思いつくアイデアパートナーが2人いました。

より、深く内容を知りたい方はぜひ書店や図書館に行ってみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください