「すかたん」 朝井まかて

LINEで送る
Pocket

「すかたん」 朝井まかて

江戸の饅頭屋のちゃきちゃき娘だった知里は、

江戸詰め藩士だった夫の大坂赴任にともなって、

初めて浪速の地を踏んだ。急な病で夫は亡くなり、

自活するしかなくなった知里は、ふとしたはずみから、

天下の台所・大坂でも有数の青物問屋「河内屋」に住み込み奉公することに。

慣れない仕事や東西の習慣の違いに四苦八苦し、

厳しいおかみさんから叱責されながらも、

浪速の食の豊かさに目覚め、なんとか日々をつないでいく。

おっちょこちょいで遊び人ながらも、

幻の野菜作りには暴走気味の情熱を燃やす若旦那に引き込まれ、

いつしか知里は恋に落ちていた。

障害だらけのこの恋と、青物渡世の顛末やいかに。

書き下ろし長編時代小説。
この本との出会いは書店で見付けた

オオサカブックワンプロジェクト

第三回の「大阪の本屋と問屋が選んだほんまに読んでほしい本」は、『すかたん』

のPOPに惹かれて買いました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください