綾瀬まる「あの人は蜘蛛を潰せない」

LINEで送る
Pocket

東京都 みみさん
綾瀬まる「あの人は蜘蛛を潰せない」

「この本を読んでの感想」
少し過保護な母と煩わしいと感じながらも甘えてる娘。
いたって普通の親子のお話。。。
虐待があるわけでもなく、謎めいた事件が起きるのではなく、
ユーモア溢れる和気藹々としたものでもない。
わたしの母は梨枝の母と同じ、もしくはそれ以上かもしれませんが、過干渉です。
反抗すれば良かったのかもしれませんが、
梨枝と同様、「かわいそう」という気持ちが表立ち、、
なかなかわたしも行動に出せませんでした。
梨枝が自分に自信を持てず、どうすれば正解なのか戸惑いながら常に母の言葉が頭によぎり、
嫌なものを嫌という勇気が持てないのも、とても共感しました。
この本を読み続けるのがわたしにとって、とても一苦労な作業でした。。
「母娘」というとても口では説明できない関係性をまざまざと描かれた内容に心苦しくなりました。
しかし、1人の女性の不完全ながらも自立、再生、自覚、挑戦、希望と
不安定な生き様が読み手を魅了していくと思います。
この本は彩瀬まるさんが20歳の時に書いたデビュー作だそうです。。すごいなぁ。。
どこにでもある日常なのに、言葉一つ一つが心に深く突き刺さりました。。
世の女性だけではなく、男性も読んでもらいたいです。

「この本との出会い」

椎名林檎さんの大ファンで、彼女の帯を見て購入しました。不純ですね。
椎名林檎さんの書評。「始末のつけられないあらゆる難題をまえに自ら
“決める”手段を、母は果たして授けてくれたか。
“恥”についてはもういい。“誇り”について知りたい」 という言葉に興味を持ちました。

「みみさんにとって母とは…」

わたしは3人の子供の母親です。
それぞれの個性、性格が全く違うので、毎日がわけわからず過ごしている十数年間です。
わたしが初めて母親になった頃。とても深く感じたのは自分の母親に対しての思いです。
感謝する心ができると聞きますが、わたしは感謝以上に恥ずかしさがありました。。
わたしは幼い頃から祖母にべったりで、祖母を困らせる母を少し毛嫌いしていました。
祖母が亡くなった時に「やっとわたしの娘がもどった」と言われた時、、
正直うんざりもしました。
しかし、わたしが長男を産んだころ、
母がわたしの為に小さい頃から今まで色々と尽くしてくれた事を周りから聞き、
自分の甘ったれさに恥ずかしくなりました。
わたしとは正反対の性格でとても気が強く行動的な母。
わたしもそのDNAを少しは受け継いでいるはずなのに、
どうやら、わたしの子供達はわたし以上にたくさん受け継いでいるようです。
おかげで、子供達にとても鍛えられています。
家族と楽しく過ごせる日々に感謝しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください