湊 かなえ 「母性」

LINEで送る
Pocket

大阪府 kerokeroさん

湊 かなえ 「母性」

「母性」を読んでの感想
女子高生が自宅の庭で倒れているのが発見された。
母親は言葉を詰まらせる。
「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。
世間は騒ぐ。これは事故か、自殺か。…… というような内容で、
母親から愛される事が至上の喜びの母。
その母の愛を求め続ける娘という関係を「母の手記」「娘の回想」で同じシーンを
「母」と「娘」別の視点で書かれていて、「母の想い」「娘の気持ち」のズレが
湊さん得意の手法で書かれています。
私は自分が親になったのをきっかけに、インナーチャイルドという言葉を知り、
勉強するようになったのですが、
この本には「強い承認欲求」や「自己肯定感の低さ」という
インナーチャイルドの気持ちを台詞などに上手く散りばめられています。
私自身、インナーチャイルドという自覚があり、そして娘であり母親でもあるので、
この本に出てくる「母親」と「娘」の気持ちが痛い程分かりました。

「この本との出会い」

インナーチャイルドの勉強終わりにたまたま行った古本屋で

「母の想い出」

昔から母のような母や大人にはなるまいと頑なに思っていました。
インナーチャイルドの勉強を始めてから母の背景(母の母との関係など)を初めて知り、
昔と比べて軟化してきました。
そんな私の言動をみてか、母も昔とは違ってきたように思います。
1番近いようで遠い、母という存在。
親だからというだけで偉い訳ではなく、親の意にそぐわないからといって
親の思うがままに言う事を聞かせるのではなく、
子の気持ちも尊重出来ればインナーチャイルドにならなくて済むように思います。
が、母は母で子供を想うが故に自分の意見を押し付けがち。
「貴方の事を考えて言うのよ」と考えている親が世間にはまだまだ多いように思います。
私と母の関係もまだ時間はかかりそうですが、
この「母性」という作品を読んで少しでもインナーチャイルドという問題に触れて下されば、
と思います。

「イヤミス」イヤミス=(読んで嫌な気分になるミステリー)の女王と呼ばれる湊かなえ氏
「贖罪」「しらゆき姫殺人事件」「夜行観覧車」

イヤミスの作家を紹介します
真梨 幸子(まり ゆきこ)
『殺人鬼フジコの衝動』「孤虫症」(こちゅうしょう)「女ともだち」「みんな邪魔」
沼田 まほかる
「九月が永遠に続けば」「ユリゴコロ」「痺れる」
深木あきこ(みきあきこ)
「鬼畜の家」
我孫子武丸
「殺戮にいたる病」
根本起男(ねもとたつお)
「さんくすないと」

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください