川上弘美 「センセイの鞄」 文春文庫

LINEで送る
Pocket

川上弘美 「センセイの鞄」 文春文庫
・あらすじ
およそ恋愛とは結びつかないはずの2人―― 38歳のツキコさんと70代のセンセイは、近所の駅前の一杯飲み屋で居合わせて以来の仲だ。お互い1人で酒を飲み、さかなの好みがよく似ている。
「『女のくせに手酌ですかキミは』センセイが叱る。『古いですねセンセイは』と口答えすると、『古くて結構毛だらけ』とつぶやきながらセンセイも自分の茶碗いっぱいに酒を注いだ」
憎まれ口をたたき合いながら、2人は共に過ごすようになる。
センセイはツキコさんの高校時代の国語の先生だ。背筋をしゃきんと伸ばし、ジャケットを着、いつも同じ黒いかばんを頑固に持っている。一方のツキコさんは独身でもてないわけではないのだが、同世代の男性に誘われてもぴんとこない。かつては恋人とさえ「ぬきさしならぬようになってしまう」のを恐れていた。そんなツキコさんが、しだいにセンセイを強く求めるようになっていく。
30歳の年齢差を超えるというよりむしろ、センセイの老いをしっかりと見つめていくツキコさん。ツキコさんのまっすぐな思いをまぶしい気持ちで受け止めるセンセイ。進展しているのかなんなのか、じれったい、ゆったりとした2人のやりとりが、ほほえましく、安らかだ。

・恋…相手を愛おしく思う心、切なく、狂おしい
・ツキコさんの片思いから両想いになる
・片思い…勝手に妄想して怒ったり、イライラしたり、反対にドキドキしたり。
そんな気持ちが静かに書かれています。
・頭をなでなでされる、「デートをしましょう」
・テレビドラマ ツキコさん…小泉今日子 センセイ…柄本明

・私の初恋…片思い編
妄想は「モロボシダン」
リアルは小学校2年生 同じクラスのNくん
背が高くて目が大きく運動神経が良かったなぁ
遠くから見ているだけでした…。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください