吉田秋生 「Fly boy,in the sky」

LINEで送る
Pocket

東京都 本の街の住人

吉田秋生 「Fly boy,in the sky」

「Fly boy,in the sky」の魅力

美大生の伊部俊一は、偶然TVで見かけた、
棒高跳びの選手である高校生の奥村英二に関心を持ち、
コンテストの作品の被写体に 彼を選び、取材の為に島根を訪れます。
取材を通して、英二が家の問題や技術面での悩みを抱えていることが分かってきます。
「もっと自分のことを考えたらいい」と英二にアドバイスをします。
人生の目的を失いかけていた伊部もまた、
英二と出会ったことで情熱を取り戻すことが出来たのでした。
この作品には、生きるということが凝縮されて描かれているので、
読んだ自分が背中を押して貰って救われたように感じました。
10代の私は、泣いたかもしれません。
突き抜けた瞬間は頭の中が真っ白でも、その感覚が忘れられず、
見えないものに向かっていくのだと思います。

「Fly boy,in the sky」との出会い

この作品は、今から約30年前、私が高校生の頃、
大好きだった「バナナフィッシュ」という吉田秋生さんの漫画からのスピンオフになります。

「スポーツの想い出」
私の通っていた小学校では、 小学4年生になるとクラブ活動が始まります。
卓球部に入りたかったのですが、希望者続出で公平をきすため、
その年の卓球部はおやすみクラブ(活動なし)になってしまいました。
結果、私は文芸部に入りました。
もし、あの時卓球部に入っていたら、何か違っていたかも…。
あ~、これもスポーツに関する思い出になりますか?

♬スピンオフ作品
派生作品、作品制作の分野におけるスピンオフとは、既存の作品(本編)から派生した作品全般を指す。または、そうして制作された派生作品(スピンオフ作品とも呼ばれる)のこと。日本ではテレビドラマや映画、漫画などの派生作品によく使われる。

映画
・キャットウーマン
『バットマン』の人気キャラクターを主人公にした作品。
・交渉人 真下正義、容疑者 室井慎次
『踊る大捜査線』シリーズの登場人物を主人公にした作品。
・必殺! 三味線屋・勇次
必殺シリーズの中で登場した仕事人、三味線屋の勇次(中条きよし)を主人公とした作品。

テレビドラマ
・裏相棒
『相棒』の劇場版公開を記念して番外編として作られた作品。「トリオ・ザ・捜一」の3人(伊丹憲一、三浦信輔、芹沢慶二)と鑑識の米沢守が主人公。ちなみに上記の「鑑識・米沢守の事件簿」公開時の「裏相棒2」では角田六郎も登場。
・『踊る大捜査線』からの派生作品
逃亡者 木島丈一郎、弁護士 灰島秀樹
映画『交渉人 真下正義』、『容疑者 室井慎次』のキャラクターを主人公とした作品。
スピンオフ作品からのスピンオフ作品である。
・巡査・今泉慎太郎
『古畑任三郎』の番外編として作られた作品。

小説
・コゼット
『レ・ミゼラブル』の登場人物、コゼットのその後を描いた作品。
・ワトスンの推理法修業
『シャーロック・ホームズシリーズ』に登場するジョン・H・ワトスンを主人公とした
ドイル本人によるパロディ短編。
・楽園
『模倣犯』の登場人物、前畑滋子を主人公にした別作品。
・魔界医師メフィスト
『魔界都市ブルース』『魔界都市〈新宿〉』など菊地秀行の〝新宿〟を舞台にした作品に登場する美貌の医師・メフィストを主人公としたシリーズ。
・ホームレス大学生
「ホームレス中学生」の著書であるお笑いコンビ「麒麟」の田村裕の兄、研一を主人公としたストーリ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください