古舘春一 「ハイキュー」

LINEで送る
Pocket

北海道 IW∩SIW

古舘春一 「ハイキュー」

「ハイキュー」の魅力
作者が学生時代にバレー部に所属していたのもあって描写がリアル

「ハイキュー」との出会い
ジャンプで連載されているのは知っている。でも読まなかった。
理由はコミックスをまとめ買いして一気に読みたかったから
2014年3月にコミックスまとめ買いして読んだらハマった。

「スポーツに関する思い出」
中2~3まで陸上部に所属していました。
学校の授業でバレーやったけど全然ダメ。 スポーツは合わない。
テレビでスポーツやってても見ませんがなぜか漫画では結構読む。

♫IW∩SIW(あいだぶりゅー しだびゅるー)さんは月に100冊ものコミックを
買って読んでいるという「マンガ道」を究めている方です。
高校卒業後、小説は読んでいなくてマンガ一筋。
そんな彼が最近、小説を読む決意をされました。
書評がアップされるのがとても楽しみです。

「ハイキュー」以外のバレーボールを題材にしたコミック
・「ハリガネサービス」荒達哉 「リベロ革命」田中モトユキ 「アタック!!」大島司
「健太やります!」 満田拓也  男子バレー
・「アタック☆オン」 おおばやしみゆき 「少女ファイト」 日本ヨヲコ
「涙のバレーボール」堀内夏子 女子バレー
・女子バレーと言えば「アタックNO.1」浦野千賀子
鮎原こずえ、早川みどり、富士見高校
大阪の高校で八木沢三姉妹による三位一体が武器。
♫苦しくたって~  「だけど涙がでちゃう。女の子だもん」
・「神様のバレー」西崎泰正 実業団バレー
・実業団バレーと言えば「サインはV」 神保史郎、望月あきら
朝丘ユミ:岡田可愛 監督 牧圭介:中山仁 椿麻理(立木大和 → レインボー):中山麻理
ジュン・サンダース:范文雀(第10回 – ) 松原かおり:岸ユキ
イナヅマサーブを練習、重りの入ったシューズで練習

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください