久住昌之 「タキモトの世界」

LINEで送る
Pocket

おススメのエッセイ

ラジオネーム KON

久住昌之 「タキモトの世界」

① この本のおすすめどころ

知る人ぞ知る妙なカメラマン滝本淳助さんの独特な世界観を孤独のグルメ原作者で、斜め上なエッセイを得意とする久住昌之さんがレポートした妙な一冊。

ハマる人にはたまらない。

一度、絶版になったものの復刊された伝説のサブカル本。
② このホントの出会い

デビューした頃、私が中学生の頃に久住昌之さん原作の漫画が雑誌に紹介されていて、大ファンになりました。

それ以来、ほとんどの作品を集めています。
③ エッセイの魅力

自分にはない視点で世界を切り取っているところ。

子供の頃は何がおもしろいのか分からなかったけど、今は、エッセイ大好きです。

♬くすみまさゆき

孤独のグルメの原作者

この俺を野蛮人にしてくれる、狂わせてくれる、そういう食べ物の中に間違いなくカレーライスがある(本文より)。焼肉、ラーメン、とんかつ、ナポリタン、大根、塩辛、立ち食いそば、キャベツ……。『孤独のグルメ』原作者である著者が、愛する二十六品目のメニューについて、熱く語ります。あなたはこのエッセイに抱腹絶倒しながら、やがて激しく共感している自分に気付くでしょう。

野武士たる著者は、世の散歩ブームを受けて「大阪まで散歩しよう」と思い立った。でも大人だから、一気に踏破するなんて無茶はしない。ちょっとずつ歩いて帰りは電車で戻ってくればよしとする。途中でビールを飲んだりウマイものを食ってもよし。温泉に入ってもよし。疲れたらホテルでマッサージとか頼んでもよし。かくしてユルさと苦難がないまぜの、大人の東海道散歩500キロ超が始まった!

  • ニッポン線路つたい歩き (カンゼン、2017年5月)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください