中原みすず(著)『初恋』 リトルモア出版

LINEで送る
Pocket

兵庫県 ラジオネームケイケイ
中原みすず(著)『初恋』 リトルモア出版

この本のオススメどころ
三億円事件の真相を描いた小説はいくつもありますが 実行犯が女性、しかも高校生の女の子!という設定なのは この本だけだと思います。純粋さに心が痛いです。
一番末尾にある短歌 「振り返る その背の繊く(ほそく)焼きついて 夏の星座に 君の声聞く」
事件があったのは冬の話なのに、なぜ夏の星座なのか。
謎解きを楽しみつつ読んでほしいと思います。

この本との出会い
まったくの偶然です。本屋さんに入ったら 平積みになっていて、表紙のカラフルさにひかれて 手にとって、そのままレジに向いました。 電車の中で読み込んで、自宅最寄り駅のホームの ベンチで読み終わりました。

初恋の思い出
もの忘れがだいぶ進行中でして、覚えてないですねー。 みなさん、覚えてるものですか?ぐーりんさんの 初恋ネタ教えてください。聞いてみたいです♪

余談 私が出会ったのはリトルモア出版から 中原みすずの著名で出ている「初恋」です。 この本の出版から4年後、宮崎あおい主演で 映画が撮られています。
表紙デザインは、なんと、浅野忠信さんです。 (そりゃ、惹かれるよ)

♬ 三億円事件
現金輸送車に積まれた東京芝浦電気(現・東芝)従業員のボーナス約3億円(2億9430万7500円)が、白バイまで用意した偽の白バイ隊員に奪われた事件である。被害金額3億円は現金強奪事件としては当時の最高金額であった[注釈 1]。その後の現金強奪事件では金額こそ三億円事件よりも強奪金額が多い事件があるが[注釈 2]、1968年(昭和43年)当時の3億円は、平成26年(2014年)の貨幣価値に直すと約10億円に当たり[1]、貨幣価値においては現金強奪事件としては日本最高である。

♬三億円事件を扱った本
・一橋文哉 「三億円事件」 新潮文庫
1968年12月10日「三億円事件」発生。多くの謎を残し、7年後に時効が成立。それから約20年、一枚の焼け焦げた500円札が一人の男を動かした。執念の取材が明らかにする捜査本部の混乱、モンタージュ写真の欺瞞、浮かび上がる三人の男……。やがて突き止めた「真犯人」はアメリカにいた! 6時間にも及んだ手に汗握る「対決」。正体は? 動機は? そして三億円の行方は? 文庫化にあたり衝撃の後日談を収録。

・殿岡駿星 「三億円事件の真犯人」 勝どき書房  静岡県出身のジャーナリスト
1968年12月10日、東京都府中市で三億円強奪事件が発生した。当時、埼玉県警を担当する記者だったわたしは、午前10ごろ、捜査一課の刑事部屋にいて事件の発生を知った。刑事たちは、どうしても対岸の火事となる。あわてたようすはなく、大事件ではあるが、警視庁管内の、お手並み拝見という感じだった。中には、「もしかすると犯人が埼玉に?」といって、東京との県境付近を捜査した刑事もいた。そのころ、わたしはまさか埼玉に犯人はいないだろうと思っていた。
40年間、取材を続けてきた中で、遠く霞のようにぼんやりしていた真相がだんだん明らかになってきた。犯人が埼玉にいて、やっと、その男を特定することができた。(著者コメント)

・佐野洋 「小説三億円事件」 講談社文庫
三億円事件に関する短編が五つ収録されている小説。

・松本清張 「小説三億円事件」
ニューヨークの私立探偵事務所所長を務める私(G・セイヤーズ)は、1968年に日本で発生した三億円事件により、再保険の損失を被った本国・アメリカの保険会社の依頼を受け、来日、同事件の調査に乗り出した。
この事件の後、「カミナリ族」と呼ばれた近隣の青年グループのリーダー格・浜野健次が、捜査線上に浮上していた。ところが、途中から同事件の捜査の責任者となった有名な刑事は、事件に関して、犯人単独説を主張する。この結果、アリバイの存在・遺留品に基づく血液型鑑定などにより、健次による犯行説は、捜査本部により否定された。
私たち調査員は、このベテラン刑事の推理に疑問点を見出した。ゲイボーイの青年など、健次の周辺人物を調査するうちに、同事件に関して、私たちはひとつの推定を得るに至った。健次の行動の背後には、大人達の策謀が秘匿されているのではないか?

・清原一郎 「小説三億円事件」 文芸社
「真犯人」が事件の背景を解説し、「本当のところ何が起こったか」「『犯人』はどうして逃げおおせたのか」、そして「3億円はその後どうなったか」等を赤裸々に語る、という形式の小説。「犯人」は「死にかけた」体験をすることで、事件の詳細を公表しようと決心する。犯行の動機を国家の戦争や育った環境にまで求め、説得力のある筆致でまとめ上げた。

関連する小説は、まだまだあります。
恋愛小説ではありませんが、読み比べてみるのも面白いかも…。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください