パールバック 「大地」

LINEで送る
Pocket

東京都 佐藤光弘さん
パールバック 「大地」

「この本を読んでの感想」

中国とアメリカの大地を舞台にした壮大なスケール。女性の生き方。
様々なテーマがあり、圧倒されました。
こんなに素晴らしい本を読んでいたのか、と思うと嬉しくて仕方がありませんでした。
「母の本」といえば、このパール・バックの大地です。

「この本との出会い」

27~8年前、大学一年の冬に読みました。
大学に入って本格的な読書をはじめた私は家の本棚の本も読むようになりました。
両親が若い頃読んでいた本です。
ある日、母に聞きました。「これまで読んだなかで面白かった本は」と。
母は、即答しました。 「パール・バックの大地だね」と。
次の日から読み始めました。

「お母さん」との想い出

75歳になった母は目があまりよくなく、最近あまり活字が読めていない、と言っています。
少しでも親孝行したいな、と思います。
そうですね~ やはり、高校・大学で読書をするようになったもので、
家にあった本棚の本を読むことで、母と話が広がりましたね。
「世に棲む日日」(よにすむひび)司馬遼太郎もそんな一冊です
母は、山口の萩の出身です。
小学校四年か五年の時に、三週間ぐらい、母と妹たちと萩の祖母の家に行ったことがあります。
色んなところにつれてってもらいました。
従兄弟だけでなく地元の友達もできて、遊びにいったりしました。
萩は私の第二の故郷になりました。
大学を卒業するとき、祖母の葬式、結婚して長男が生まれたとき、萩に行きました。
この司馬遼太郎の小説には、吉田松陰と高杉晋作をはじめとする弟子たちが
萩の町から日本全国を舞台に活躍します。
「世に棲む日日」自体は先輩からのオススメ本でしたが、母と萩の思い出の本です。
蛇足ですが、私の母校では卒業生が新入生に一冊愛読書をおくるという伝統があり、
わたしはこの本を後輩に贈りました。

この作品でバックはノーベル文学賞を受賞しました。
「ノーベル文学賞」
文学の分野において理念をもって創作し、最も傑出した作品を創作した人物[1]に授与されます
原則として定数1名のみ受賞です

小説だけでなく詩や戯曲で受賞
1953年 イギリス チャーチル首相 伝記 首相で初
2015年 ベラルーシ スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ ノンフィクション
ジャーナリストで初受賞

日本人
1968年 川端康成  1994年 大江健三郎

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください