ジュリー・アンドリュース 「偉大なワンドゥードルさいごの一ぴき」

LINEで送る
Pocket

おすすめのファンタジー

東京都 本の街の住人

ジュリー・アンドリュース 「偉大なワンドゥードルさいごの一ぴき」

①この本のオススメどころ
映画「サウンド・オブ・ミュージック」の主演でも知られる女優のジュリー・アンドリュースの書いた小説。
ポター家の3人の兄妹は、ある日動物園で偶然出会った大学教授から「ワンドゥードル」という生き物の話を聞きます。

ワンドゥードルは、人間が信じる気持ちを忘れてしまったために、自分だけの世界に閉じこもりとうとう最後の1匹になってしまったらしい。
でも、一体ワンドゥードルってどんな生き物?
子供たちは教授と一緒に、ワンドゥードルに会うべく旅へと出発します。
この本には、読み手にも一緒になって想像してもらうべく挿し絵が一切ありません。

ワンドゥードルランドの「愉快号」という乗り物も出てきますが、その船には、「ソーダファウンテン」という機械があって、自分の思い描いたアイスクリームを作ることが出来ます。
わくわくする冒険とうっとりするようなお菓子の描写。子供も大人もぐいぐい引き込まれるはずです。

復刻版も出ていますが、岩谷時子さん訳の絶版になってしまった箱入りの本を手に入れてもらいたいです。

②この本との出会い

親からのプレゼントだったのかな?欲しいとねだった覚えもないので…。
新聞の広告などで知った父か母かどちらかが買ってくれたんだと思います。
紀宮様がお母様の美智子様に読んでさしあげたという逸話もあるようです。

③あなたにとってファンタジーとは

ジャンルとして意識したことはありません。ホグワーツにも入学してないくらいだし。(笑)
ただ、仲の良い友人に「どんな本読んでるの?」と聞かれて説明したら、「ファンタジーが好きなの?」と言われたことはあります。夢見る夢子ちゃん的なところがあるのは、否めませんが。

♬偉大なワンドゥードルさいごの一ぴき

小学館から出版

30数年前に他社で絶版になった作品ですが、復刊希望が多く、ここに新訳で刊行することになりました。 翻訳は青柳祐美子氏

本の街の住人さんがおススメしている岩谷時子さんの役でなおかつ箱がついているものは、10000円近 くします。こうなるとお宝ですね~。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください