『シンジケート』 穂村弘

LINEで送る
Pocket

兵庫県 まっちーさん
『シンジケート』 穂村弘

この本の魅力
これは、歌集です。 歌集って、本に入るのかな?と思ったりもするし、
短歌の話をあまりすることも無いので人にお勧めしたこと無かったです。
この歌集の魅力は、痛々しい若さに溢れているところです!
カッコつけてない言葉で表現されていて、
今お若い方には身近に感じられる歌もあるだろうし、
昔を思い出して「あぁ、あの頃はこんなふうに尖ってたこともあったな」って
色濃い空気を思い出すことが出来るんじゃないかな、と思います。
一瞬一瞬を切り取った言葉は、とても鋭く色濃い映像を見せてくれるような気がします。

この本との出会い
この本との出会いは、もう30年近くも前!!ひゃ~~!(←そんな前か・・という、驚き)
たしか、定期的に購入していた『MOE』という雑誌の、
短歌の投稿コーナーで紹介されていた歌に魅せられたのが出会いだと思います。
たぶん、この歌 「抜き取った指輪孔雀になげうって「お食べそいつがおまえの餌よ」」
ヒリヒリするような感情の爆発も こんなふうに言葉にすると美しいんだなぁという
衝撃を受けました!
それから、私も何回か投稿してみたけど 佳作止まりでした~~

まっちさんにとって読書とは?
私にとって読書は、いろいろな世界を垣間見せてくれるものでもあるけど、
今回、『言わざる本』について考えたときに、さまざまな感情を体験して心を広げる、
タフにすることなのかもしれないなーと感じました。

MOE
絵本(えほん)ニュースやキャラクター、雑貨&フード、絵本原画展、おでかけ情報、webオリジナル連載企画など、毎月3日発売の月刊MOE(モエ)では見られない情報が盛りだくさん。試し読み、壁紙のダウンロードもできます。

MOEから生まれた本
♬ しばわんこシリーズ
「和」のこころを持つ柴犬・しばわんこと、仲良しの三毛猫・みけにゃんこを中心に、
日本古来からある和の心、伝統を学びながら周囲の人物と日常生活を描く。

♬ ねこのダヤンシリーズ
猫のダヤンやその仲間たちが活躍する“わちふぃーるど”の世界へようこそ。
わちふぃーるどは、動物や妖精たちが仲良く暮らし、魔法が息づく不思議の国。
物語の中でくり広げられるダヤンたちのちょっと不思議で、冒険にみちた毎日を、
一緒に楽しんでください。

絵本屋さん大賞
絵本のことならおまかせのMOEが、全国の1900人の絵本専門店・書店の児童書売り場担当者にアンケートを実施、その年に最も支持された絵本30冊を決定!
●第1位『へいわってすてきだね』 安里有生 長谷川義史
「へいわってなにかな。ぼくは、かんがえたよ。」2013年、沖縄全戦没者追悼式で「平和のメッセージ」として朗読され感動を呼んだ安里有生くんの詩を、長谷川義史さんが絵本化。
●第2位『ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ』 工藤ノリコ

●第3位『うんこしりとり』 tupera tupera
●第4位『うみの100かいだてのいえ』 いわいとしお
●第5位『しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん』 高野文子
●第5位『おおかみだあ!』 セドリック・ラマディエ ヴァンサン・ブルジョ 谷川俊太郎

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください