• スポンサードリンク

「とんび 」重松清 角川文庫

「子育てなんて自分の思うようにはならない」

ホンスキーズBOOK「オススメの父の本」

オススメ人 埼玉県 ラジオネーム お茶屋のさとし

この本のおススメどころ

昭和イザナギ景気の頃から始まる不器用な父と子の物語です。

まっすぐで博打好きなヤスさん その妻の美佐子さんに子供が宿るところから始まります。

子供の為に好きな酒、博打を断ち、小林旭が好きなことから子供に『アキラ』と名付けます。

ある事からヤスさんは男手ひとつで子育てをします。

人から慕われるヤスさんは周りからも助けられ、不器用ながらもアキラくんと一緒に成長をしていきます。

アキラくんを苦しませないための〈優しい嘘〉思春期の難しい時期の息子との接し方、男2人での暮らし方。

思春期って親がウザかったり、何でもない事で衝突したりなんて日常的な事です。

私も2人の子がいますが、子育てなんて自分の思うようにはならないのが自分でも実感したところです。

そして、やはりそこは 一本気なヤスさん オロオロと戸惑います。

男臭いヤスさん、そしてそこが人間臭くて、読みながらも「うんうん、そうなんだよなあ」と頷く事しきりでした。

 

そして、何よりもこの小説の優しさを感じ取れたのが、三人称で語られる文章が、主人公とその妻を称する時「ヤスさん」「美佐子さん」と柔らかな口調で語られている事でした。

それだけでも全体にふんわりとした暖かさが漂うようです。

 

瀬戸内の街を舞台にしたこの物語、成長したアキラくんの進学問題、揺れるヤスさんの心情は 同世代の息子を持つ私も共感を覚えました。

 

この本との出会い

TVドラマで 第一話を見るも、『ちょっと重たいかな?』と感じ、その回で見るのはやめてしまったのですが、最後まで見た友達から聞くと、何故見続けなかった?  

すごく良かったのに‼︎

との声が多かったので、それなら原作を読むまでよ!  と。

 

お父さんとの想い出

私の父は自営業でしたが、朝から酒を飲んでしまうような人でした。

飲まなきゃ無口で大人しいのが、ご多聞に漏れず ひとたび酔うと、くどく面倒くさいオヤジでした。

当然衝突ばかりでしから、こんなヤスさんのような父親像に憧れつつ、自分が父になったら そんなふうに接しなければ と思っていたものでした。

私自身 父との確執が深まるばかりで、この場で説明すると かなりの時間を要してしまうので割愛しますが、反面教師として学ぶべき所は多かったように思います。

家族との接し方 声のかけ方 気にかける事 支える事 食べさせる事 父として『やってはいけない』事は沢山教わった気がします。

 

……なんて つい偉そうに上から ものを言ってしまいましたが、それでも育ててくれ、決して不幸などではない環境だった事は確かなのです。

それだけでも大いに感謝をしています。

ある事から私たちの前から姿を消してしまった父ですが、今は恨んでなどいません。

 

この本を読んで小さな頃からの父との思い出を噛み締めながら、

ほんのちよっぴり、自分も気持ちが優しくなれる小説でした。

 


RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ぐーりん

ぐーりん 大阪生まれ、大阪在住 小さい頃から本とラジオが大好きで小学生の頃の夢はラジオのDJ そんな夢はすっかり忘れて福祉施設に働くこと26年 50歳を目前にして、いろいろな事がカウントダウンできる年齢になったと痛感 大人の青春を楽しもうと決意 そんな中、フォトリーディングやインターネットラジオと出会い ラジオのパーソナリティに40年の時を経て、夢を叶え、 本を通して人と人を繋げる読書会を開催 今は、志を同じくする仲間と 「もっと自由に生きることはできないか」と模索中 facebook http:// www.facebook.com/honskiy.guurin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • スポンサードリンク