「チャンスを広げる思考トレーニング」 ロザモンド・ストーン・サンダー/ベンジャン・サンダー 日経BP

「ビジョンを実現するリーダーは並はずれた勇気の持ち主にみえることが多い」

著者 ロザモンド・ストーン・サンダー

カウンセラー、家族療法士。

リーダーシップ、人間関係、効果的行動のモデルを開発、創造性を高める能力開発論を提唱する。

企業や政府機関の人材教育にも携わっている。

アメリカ、マサチューセッツ州出身。

ベンジャン・サンダー

ボストン・フィルハーモニー管弦楽団創設以来の指揮者。

その他にも、世界各地の楽団で指揮棒を振る。

作曲はブリテン、チェロはカサドに師事。

音楽生の指導に力を注ぐ。

近年はリーダーシップと創造性について多くの講演を手掛ける。

イギリス出身。

 

ベンジャン・サンダー TED「音楽と情熱」

https://www.ted.com/talks/benjamin_zander_on_music_and_passion/transcript?language=ja

さて今回、私がこの本に尋ねた質問は…

① 自分の可能性を広げるために必要なことは?

♬ 可能性が開ける枠組みを作りだし維持する

違いが受け入れられる枠組みを作る。

本文より…

小学2年生の女の子が白血病の化学療法を受けて学校に戻った時、髪が全て抜けた事を隠すためにスカーフをつけていた。

しかし、スカーフを取った子がいて、子どもたちは興奮して笑い、女の子をからかった。

屈辱を感じた女の子はその日の午後、学校へ行きたくないと母親に行った。

(中略)翌朝、教師が教室へ入ってきた時、教師はいつものあたたかい笑顔で挨拶した。

そして上着とスカーフを取った。

頭はすっかり剃ってあった。

それから、子どもたちはみんな、髪を切らせてと親にせがんだ。

(中略)教師は女の子の見慣れない姿の意味をとらえなおし、その子を怖いよそ者の立場から解放することで、クラスで起こっていた分断を食い止めた。

髪の毛がないことを可能性としてとらえた。

 

♬ 必要だと思えばすべてを投げ出して急場を救う

ビジョンを実現するリーダーは並はずれた勇気の持ち主にみえることが多い

 

 

② 夢を実現させるための思考トレーニングとは?

♬ 自分がしり込みしている部分を知り、それを解き放つ

自分をへだて抑えている自分のなかの枷を取り除き、自分と言う枠を超えて全てのものと結びつく。

♬ 情熱に身をゆだねてのめり込む

情熱の流れを使って世界に新しい表現を生み出す媒体になる

可能性を捉えるためのコンセント、変化するためのエネルギーの源泉がどこにあるのか探す。

見つけたら自分という枠を捨てて飛び込む。

 

 

感想

12の思考トレーニング法では、概要とその例が書かれてあります。

概要だけでは理解するのが難しくて投げだしそうになりましたが、例を読むと「なるほどそういうことか」と納得できます。

気になったトレーニング法の所だけを読むのもありだと思います。

 

 

目次

はじめに

12の思考トレーニング法

第1の手法 世の中全部作りもの

第2の手法 枠の外は可能性の宇宙

第3の手法 みんなに「A」をつける

第4の手法 競争ではなく貢献を

第5の手法 だれでもリーダーになれる

第5の手法 だれでもリーダーになれる

第6の手法 規則その六

第7の手法 ありのままを受け入れる

第8の手法 情熱に身を任せる

第9の手法 相手を引き込む

第10の手法 「ゲーム盤」になる

第11の手法 可能性が開く枠組みを作る

第12の手法 「わたしたち」の視点で見る

コーダ

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)