マラソン初級講座 第1回 座学の巻

「しんどくなったら歩いたらいいんです」

 

石垣島ウルトラマラソンから約3週間。

このブログでウルトラマラソンの事を書く時に、大会コーディネーターの佐田さんを検索していたら、大阪で初級マラソン講座をする事を見つけて只今受講中です。

 

1回目は座学

マラソンに必要な筋力と心肺機能。

8回の講座が終了する時には10kmを走る事ができる。

そのための練習とは…?

「続かない練習してない?」

ありがちな練習方法

・1日目 15分ランニング(凄い!)

・2日目 20分ランニング(昨日よりも長く走れた!)

・3日目 21分ランニング(筋肉痛で体が重い…時間が思ったより長く感じる)

・4日目 雨のため中止(ラッキー)

・5日目 なんとなく気が乗らなくて走らず

・6日目 15分ランニング

…と、戻ってしまうパターン

私の練習するところを見ていたのか!?

と疑ってしまいましたが、私だけではなかったんだという安堵も(笑)

 

「走り続けなくても良い、途中で歩いて良いから60分動き続けよう」

・5分走る→5分歩く×6=60分

・10分走る→5分歩く×4=60分

・15分走る→5分歩く×3=60分

・25分走る→5分歩く×2=60分

・60分走る

 

この練習方法だと心肺機能も強くなり筋力もアップ!

「しんどくなったら歩いたらいいんです。

心肺機能も戻って走れる様になったら、走ればいいんです。

60分続ける事が大事。

これを続けていたら、60分間走り続ける事ができます」

目からウロコとはこの事。

ウルトラマラソンに向けてスロージョギングを始めた頃は、30分続けて走る事を目標にしていて、途中歩くと言う発想は微塵も無かった(*_*;

そして話はウエアや靴の選び方に…

 

【靴の選び方】

☆お店の選び方

・専門店(MIZUNO等)には行かず、いろんな会社のシューズが置いてある店に行く

私はStePで購入。

陸上専門の店員さんも居て、お店に足の測定器があれば測ってもらう事もできます。

靴を選ぶポイントや紐の結び方も教えてもらう事もできました。

http://step-japan.j

☆複数の会社の靴を履く

・勧められた靴の履き心地が良くても他社の靴も履いてみる

 

☆試着

・必ず両足履く(足には左右差があります)

・紐を結んで歩いてみる

座ったままだと膝から下の重量しか足にかかっていない。

実際に歩いてみて靴があっているか確認する。

・かかとが動かないか確認

かかとがゴソゴソするのはあっていない靴。

かかとが動かないのが重要なのでチェックを忘れずにd( ̄  ̄)

 

【ウエア】

☆綿100%よりポリエステル等化繊

汗が直ぐ乾く化繊がオススメです。

次回は実際に実技を参加してのポイントです(^-^)/