「ステップファザー・ステップ」宮部みゆき 講談社文庫 

「こいつとは長い付き合いだけど、こんな一面持ってたのか〜

ホンスキーズBOOK「オススメの父の本」

オススメ人  東京都 ラジオネーム 雀の仁王立ち

この本のおススメどころ

読んだ後の印象が「カワイイ作品」。

児童文学を連想するような柔らかい雰囲気に、サラサラ読めるテンポの良さ。

それまで読んだ宮部作品が→レベル7・龍は眠る・火車・蒲生邸事件・クロスファイア・模倣犯・理由etc。

ブレイブストーリーやドリームバスターは読んでなかったので、なんか意外な一面を発見したような感じでしたね。

「こいつとは長い付き合いだけど、こんな一面持ってたのか〜」みたいな(笑)

この本のおススメどころ

よくある話で、職場の同僚に貸してもらいました。

 

父との思い出

⑴「はてしない物語」…

小学4年生頃かな?クラスでブームになりましてね。1冊¥3000、高ッ!当時我が家は小遣い制ではなかった為「兎に角なんでも手伝いやるからお駄賃ちょうだい!」と交渉。コツコツ貯めましたよ。昔はタバコの自販機で買った後お釣りを貰える、なんて事も。で、父はチョイ多めにくれたり(笑)。

目標金額になり、いよいよ買いに行く!って日は、小雨が降りしきる日曜日。待ちきれなくて「早く行こうよ!」と、父をせっつき車でgo!が、父はなんとなく乗り気ではなく「?」と思っていた私。ようやくその原因がわかりました。

『お店は10時にならないと開かない』

 …時刻はまだ9時30分過ぎ…だったかな?父よ〜言ってくれよ〜逸る気持ちを抑えられなかった私、阿保みたいじゃ〜ん…お目当ての「はてしない物語」は無事手に入れました!ま、終わり良ければすべて良し

 

⑵ヘミングウェイ先生…

20歳くらいの時、初めてヘミングウェイを読もうと、1番薄い「老人と海」を同僚から借りるも…読むのに難航しました父に電話で「ホンットにつまんないだってたかが釣りの話でしょ⁉︎なんでこんなに大袈裟に書く必要があるのよ」と爆発。すると受話器の向こうで父はゲラゲラ大笑い。「人生もう10年くらい生きてみたら分かる」と言われてそのまま。孤独について書かれていると言っても、二十歳そこそこの小娘には分かるはずもなく。あれから10…いやもっと時は過ぎたな。…またチャレンジしてみようかな?と思う今日この頃です。

⑶早朝のカップ麺…父の早朝散歩に付き合うと、家では食べられない「カップヌードル」にありつける!という特典(?)が

 

地元は田舎で洒落た店なんて無く、大人は流行り物に興味なし。インスタントはおろか、マックやケンタ、ピザなんて積極的に取り入れようという家ではありませんでした。が!大人はそうでも子供は食べてみたいのよッ!

 

そんな気持ちを察してか、よく父が日曜日の早朝、公園に散歩がてら近くにある商店に顔を出し、母に内緒でカップヌードルをその場で食べさせてくれました(笑)(おばあちゃんが1人で切り盛りしてて、日用品なんかも一通り揃ってる昔懐かしのお店)…今思えば「餌付け」か?内緒のカップヌードル、美味かったなぁ〜


RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

「オー・ファーザー」伊坂幸太郎 新潮文庫

「父親目線でも息子目線でも共感できて楽しめます

ホンスキーズBOOK「オススメの父の本」

オススメ人  京都府 ラジオネーム よっしー

この本のおススメどころ

「お父さん、ただいま!」って家に帰ったら、四人の男が「お帰り〜」ってゾロゾロ出てくる。この本の主人公である高校生の由紀夫は、そんな家庭で育ちました。

結婚前に母が四つ股をかけている中で由紀夫を妊娠。

出産後も誰が父親か断定できないため、可能性のある四人(ギャンブラーの鷹、中学の体育教師である勲、物知り知性派大学教師の悟、BARを経営する元ホストで女にはマメな葵)と結婚し一緒に住んでいます。
四人はいがみ合うこともなく、それぞれの得意分野を活かして由紀夫を教えたり助けたりしつつ、「由紀夫は自分に似ている、自分が父親だ」と全員が思っています。
とはいえ、そうではなかったという結果を恐れてDNA鑑定は拒否していて、結果としてこのあり得なくもコミカルな状況が続いています。
そんな中で由紀夫に絶体絶命のピンチが訪れ…

と、こんな風にストーリーは突拍子もないものですが、四人の父親と由紀夫との描写は、「ああ、わかるわかる」と頷けることが多々あり、笑ったりつっこんだり、ちょっとホロっとしたりしながら、父親目線でも息子目線でも共感できて楽しめます。
父の日があるからというだけでなく、梅雨時のうっとうしい雰囲気をスカッと吹き飛ばす意味でも、6月にはオススメの本かと思います。

映画にもなっているので合わせてオススメしておきます。

また伊坂幸太郎さんには、これ以外にも「重力ピエロ」や「ゴールデンスランバー」など、印象深いお父さんが出てくる作品がありますので、機会があればそちらもどうぞ。


   
この本との出会い

伊坂さんの本は、これまでに読んで面白くなかったことや、好きになれなかったことが一冊もないので、「伊坂幸太郎にハズレなし!」という信念が僕の中では出来上がっています。
なので、文庫化された作品は必ず買っています。
当然こちらも新潮文庫からの刊行直後に購入しました。

「父」としての思い
声優を目指して専門学校に通う19歳の息子と、この4月から揃って高校に進学した16歳の双子の娘たちの父親です。
基本的には、今までもこれからも自分たちが選んだ好きなことをやらせてあげたいと思っています。
僕自身が、両親にそう育ててもらった影響もありますかね。
決して甘やかしてるつもりはないけど、断固として立ちはだかる山や壁のような厳しい父親ではないし、なれないとも思うので、子供たちの考えを聞いて、一緒にいろいろ考えてみる、そんな父親でありたいです。
ホンスキー関連の話題をいうと、子供たちが欲しい本は可能な限り何でも買ってやろうという気持ちはあるのですが、三人とも小さい頃はなかなか本を読まなかったです。
最近になって、長男は漫画やラノベを、二人の娘は嬉しいことに小説をよく読むようになってきました。どんなものであれ、どんな形であれ、読書は続けてほしいです。


RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

「グラップラー刃牙」 板垣恵介

「作者の愛が凄すぎて描き込みが尋常じゃない」

ホンスキーズBOOK「オススメの父の本」

オススメ人 北海道 ラジオネーム 澄野弘文

この本のおススメどころ

ここで出てくる「お父さん」はバケモノですw
「お父さんは偉大」というのが読んでて伝わりますが設定がかなり奇抜w
格闘漫画なのでやっぱり格闘シーンがオススメです。
作者の愛が凄すぎて描き込みが尋常じゃない。
「ここまでしなくていいのに」と思うがそれがこの作品の魅力。
格闘技でも異種格闘技。
例えば力士vs.プロレスラーが戦ったらどうなる?とか。

 

この本との出会い

アメトーーク!で紹介されたのを見て興味を持って「いつか読みたい」と。
そして…2016年4月頃に購入しました。
グラップラー刃牙→バキ→範馬刃牙→刃牙道(連載中)
4部作で成り立っております。
刃牙もそうですがやっぱり父である勇次郎はバケモノ。
脇を固めるキャラクターたちも個性的。

女性の方はこの作品知らない人多いです。
アメトーーク!でも女性の観客さんポカ~ンでしたから
あと画風が独特なので賛否分かれます。
お父さんとの思い出
親戚が営む寿司屋で働いた経験があり寿司を握ってくれます。
わさびを大量につけるので鼻に来ますがもう慣れましたw
初めて食べる人は悶絶しちゃうかもしれませんww

 

 

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

「とんび 」重松清 角川文庫

「子育てなんて自分の思うようにはならない」

ホンスキーズBOOK「オススメの父の本」

オススメ人 埼玉県 ラジオネーム お茶屋のさとし

この本のおススメどころ

昭和イザナギ景気の頃から始まる不器用な父と子の物語です。

まっすぐで博打好きなヤスさん その妻の美佐子さんに子供が宿るところから始まります。

子供の為に好きな酒、博打を断ち、小林旭が好きなことから子供に『アキラ』と名付けます。

ある事からヤスさんは男手ひとつで子育てをします。

人から慕われるヤスさんは周りからも助けられ、不器用ながらもアキラくんと一緒に成長をしていきます。

アキラくんを苦しませないための〈優しい嘘〉思春期の難しい時期の息子との接し方、男2人での暮らし方。

思春期って親がウザかったり、何でもない事で衝突したりなんて日常的な事です。

私も2人の子がいますが、子育てなんて自分の思うようにはならないのが自分でも実感したところです。

そして、やはりそこは 一本気なヤスさん オロオロと戸惑います。

男臭いヤスさん、そしてそこが人間臭くて、読みながらも「うんうん、そうなんだよなあ」と頷く事しきりでした。

 

そして、何よりもこの小説の優しさを感じ取れたのが、三人称で語られる文章が、主人公とその妻を称する時「ヤスさん」「美佐子さん」と柔らかな口調で語られている事でした。

それだけでも全体にふんわりとした暖かさが漂うようです。

 

瀬戸内の街を舞台にしたこの物語、成長したアキラくんの進学問題、揺れるヤスさんの心情は 同世代の息子を持つ私も共感を覚えました。

 

この本との出会い

TVドラマで 第一話を見るも、『ちょっと重たいかな?』と感じ、その回で見るのはやめてしまったのですが、最後まで見た友達から聞くと、何故見続けなかった?  

すごく良かったのに‼︎

との声が多かったので、それなら原作を読むまでよ!  と。

 

お父さんとの想い出

私の父は自営業でしたが、朝から酒を飲んでしまうような人でした。

飲まなきゃ無口で大人しいのが、ご多聞に漏れず ひとたび酔うと、くどく面倒くさいオヤジでした。

当然衝突ばかりでしから、こんなヤスさんのような父親像に憧れつつ、自分が父になったら そんなふうに接しなければ と思っていたものでした。

私自身 父との確執が深まるばかりで、この場で説明すると かなりの時間を要してしまうので割愛しますが、反面教師として学ぶべき所は多かったように思います。

家族との接し方 声のかけ方 気にかける事 支える事 食べさせる事 父として『やってはいけない』事は沢山教わった気がします。

 

……なんて つい偉そうに上から ものを言ってしまいましたが、それでも育ててくれ、決して不幸などではない環境だった事は確かなのです。

それだけでも大いに感謝をしています。

ある事から私たちの前から姿を消してしまった父ですが、今は恨んでなどいません。

 

この本を読んで小さな頃からの父との思い出を噛み締めながら、

ほんのちよっぴり、自分も気持ちが優しくなれる小説でした。

 


RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

 

 

 

 

 

 

 

 

マラソン初級講座 第四回 実技「3km歩かず走ろう」

「あれ???足がなんか勝手に動くぞ。」

マラソン初級講座の実技も3回目

宿題の60分間動き続けるをなんとか前日にこなしての参加。

今日の課題は「3kmを歩かずに走る」

軽くアキレス腱を伸ばしてフォームの話

まず正しい姿勢で立つ

・足のつま先が真っ直ぐ前を向いている

・右足と左足は拳一つ分空いている

・くるぶし、骨盤、肩が一直線

・肩の力は抜く

「そのままで足を動かしても重心が真っ直ぐ下にあるので進みません。おへその下を意識しておへその上は縦に伸ばして、そのまま重心をつま先に移動させると自然に足が出ます。それが走り出しです」

何回か重心を前にして走り出しの練習をした後に3kmにチャレンジ

「走る時は重心が前に移動して足がそれについてくる感じです。おへその下から前に引っ張られる様に。腰が引けたフォームにはならない様に」

「自分が走りやすいスピードを掴んでね。人とは比べない。マラソンは考えて走る競技です。最初に飛ばして後で走れなくならない様に自分のペースを知る事が大切です。3kmも18分から27分くらいかかるので幅ができます。人は人です」

「この走りを維持するために腕をふってください」

これまでスロージョギングで3kmを走った事はあるけどタイムは30分。

27分切れるのか???

それより歩かず走り切る事はできるのか???

不安が一杯な中、重心を前に移しての走り出しでスタート。

あれ???足がなんか勝手に動くぞ。

前回、歩き出した所も軽くスルー…これは1kmは走り続けられるかも。

コースは前回と同じで500mでUターンするので3周走ることになる。

1周目でタイムを聞くと「6分20秒」\(◎o◎)/

自己最高です♡

そして2週目…少しきつくなってきたのでペースを落とし腹筋を意識して歩かずに走り続けることだけを目標にして足と腕を動かしまし

2週目のタイム「12分50秒」

「おぉ~、まだ6分台をキープしているではないか」(心の声)

…と言う事は、まだペースを落としても大丈夫なんだ。

3週目はさらにきつくなって息もあがってきたが、後1周だと思うと足はなんとか動かせる。

ラスト500m

自分の影が右横に見えるので、ふと見ると腰が落ちている(*_*;

あらためて腹筋と姿勢に気をむけて少し重心も心がけると、足がスタスタと動くから不思議。

ゴールしてタイムは20分40秒…1km7分を切ってる♬

全員戻ってきたところで「思ったより全員早いペースで走ってます。びっくりしました」

「このペースで10km走ります。だいたい皆さん60分から70分くらいです。90分かかる人はいないです」

そして…

「今から2km走ります」

(心の中で)「ええ~~~っ、終わりじゃないの~~!?

何人かの心の声が伝わったようで、先生は苦笑いしながら

「今のタイムを3で割ったタイムで1周走って下さい。そして、後の1周はそのタイムより1秒でも早く走って下さい」

「余力を持って走るのがマラソンでは大切です。最初に飛ばして30秒の貯金ができても30km過ぎたところでバテると歩きます。歩くと1km12~13分になります。貯金はあっという間に借金になります。その借金は雪だるま式に増えていきます」

例えがリアルで妙に納得。

スタートするも、3kmの疲れが残っているのか走り出してすぐに「うわ~っ、無理かも」

500mでもうバテバテ…1周で終わろうかなぁと思いながら、なんとか1周のゴールが見えてきた。

「6分50秒」

あっ、10秒余力がある。

そして私の足は止まらずに2周目に…「何やってるの私、走っとるやん!?」

3kmの3周目よりきつい2周目

500mのターンの所で「あれ?ひょっとして私最後?みんな1周で終わった??」

この講座は中級の人と一緒に走っています。

初級講座の男性陣は軽く2周走りましたが、女性陣は私以外1周で終わったようでした。

暫く走ると私の後にもう1人は知っている事がわかり、焦りも無くなりました。

2kmを走り終わってタイムは「13分35秒」

1周目よりなんとか早くゴール\(^o^)/

走り終わった後は、ぜーぜー言いながら止まって休憩。

走り切った事もタイムも信じられません。

今までの私なら無理だったと思います。

正しいフォームと一緒に走る仲間がいてこそ達成できました。

 

来週までの宿題

「週末には60分歩いても良いので動き続けて下さい。それと、もう一日。20分でいいので走って下さい。週に一回ここにきて走るだけでは10km走るようにはなりません。練習をして走れる体を作らないといけません」

梅雨入りしたけれど、すぐに中休みになり晴れた日が続く大阪。

いつ走ろうか…。

「晩ごはんを食べて少し休憩した後に走ると、食べた物のカロリーが消化されます。テレビを見る時間を走る。走ってお風呂に入って寝る!!健康になりますよ」

それならできるか

 

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)

 

 

 

 

マラソン初級講座 第三回 実技「60分間動き続けよう」

「歩いてもいいんだ」

第三回目の目的は「60分間ラン&ウォーキングで動き続けましょう」

まずはストレッチと先週習った正しい姿勢でのウォーキングでウォーミングアップ

ここで佐田先生から

「筋肉痛になりましたか?脛や太ももの内側が筋肉痛になった人?」

私を含め何人かが手を挙げました。

「それは、いい筋肉痛です。普段、脛や太ももの内側が筋肉痛になることはありません。踵から着地して親指の付け根で蹴りあげる正しいウォーキングをしたから出る筋肉痛です」

そして、いよいよ60分間のラン&ウォーキング

「走っていて疲れたら歩いて下さい。もうあかん…と言うところまで頑張らない様に。その前にウォーキングに変えて、走れそうになったら走って下さい。60分間動き続ける事が目的です。周りの速度にあわさなくていいです。」

先週と同じように500m地点でUターンし、1kmをぐるぐる回り1周毎にタイムを告げられます。

私は1kmも走り続ける事ができずUターンして暫くして歩き、また走りだすの繰り返し。

しかし、1kmの所で聞いたタイムは8分10秒台\(◎o◎)/

まさか…途中歩いたのに。

結果7.24kmで平均して1kmを8分18秒で走った事になりました(信じられない)(^_^;)

早い人は10km走っていました。

最後にストレッチをしながら宿題が出ました。

「次の講座までに60分動き続けること」

「今の季節のあいだに汗をかく体質になっておきましょう。温かい飲み物を飲む、シャワーだけで終わらせず湯船につかる…体の芯から温めて汗をかく様になれば夏バテしません。汗をかかずに熱が体内にこもると夏バテします」

 

さて、前回の講座から1週間…。

なんとか60分動いたものの、1人では直ぐに気持ちが折れてラン1割のウォーキング9割と言う結果。

7kmも走ったのが嘘の様です。

講座でたとえ走っている間は1人でも一緒に走る仲間が居る事は、走り続けるモチベーションになるんだと実感しました。

第四回目の講座の内容は明日に…続く。

 

 

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

http://instagram.guureenn(インスタグラム)