「コロボックル物語」 佐藤さとる

LINEで送る
Pocket

「生きるって素晴らしいと思えること」

ホンスキーズBOOK おすすめの児童文学

オススメ人 ラジオネーム 兵庫県 けろさん

・この本の魅力

小学生の頃はまだ近所に自然がたくさん残っていました。

だんだんと田んぼもなくなり、近所の撮影所も縮小され住宅が増えましたが、少し足をのばせば嵐山がありました。

本当に小さな人がいそうなところがいっぱいあったんです。

物語は本の中から飛び出し、現実の世界に想像を広げていたんですね。

明日は会えるかしらと、いつもワクワクしてました。

 

・この本との出会い

小学校の図書室へ行く片隅に大きな花壇のようなものがありました。

大小さまざまな草木が植えてありました。

よく見ると、ダムや小川や小さな水車小屋などなどが。。。

これはきっと小人がいるに違いないと思いました。

入学当時、コロボックル物語に出会う前の話です。

そこから離れの木造の図書室へ向かう道が、小学校で一番好きな場所でした。

数年後、村上勉の表紙を見つけたときは、やっぱり!って思いました。

・児童文学の魅力

まず挿絵。

随分大きくなるまで、挿絵のある本以外読まないっていうか、パラパラとめくって挿絵が好みだったら読んでました。

そして希望。

たとえ主人公がつらい立場にあったとしても、生まれてきてよかったんだと思える。

生きるって素晴らしいと思えること。

 

♬コロボックル物語 (講談社文庫 コロボックル特設ページより)

コロボックル物語は1959年に第一巻『だれも知らない小さな国』刊行

その後1987年に『コロボックルむかしむかし』まで6巻

そして2014年作者が佐藤さとるさんから有川浩さんに変わって「有川版コロボックル」が始まりました。

何故、有川浩さんなのかと言うと…

そもそもコロボックル物語の成り立ちからのお話になります。

「コロボックル物語」は、
第1巻の『だれも知らない小さな国』が1959年に私家版として刊行されました。
その私家版は同年講談社から、若菜珪さんの挿画によって刊行され、
1965年に刊行された3巻目から村上勉さんとのタッグに代わります。
こうして佐藤さとるさん作、村上勉さん絵による、このシリーズは、大人気となり、
1987年までに6冊の作品を刊行して、児童書の単行本、青い鳥文庫、
そして講談社文庫の3種類となりました。
しかし、いつの間にか、大人向けといえる、講談社文庫版は絶版になっていました。
年を経て、2010年の秋。
名作が絶版になっているなんて! と、講談社文庫版の復刊が始まります。
第1巻の解説を書いてくださったのが梨木香歩さん。
そして2巻目『豆つぶほどの小さないぬ』の解説を書いてくださったのが、有川浩さんでした。

小さいころからコロボックル物語の大ファンで、「佐藤さとるさんがいたから作家になった」
と公言していた有川さん。
片や佐藤さとるさんは、有川さんの作品を読んでファンになっていました。
そこで、てファン同士の対談が実現したのです。
2011年7月6日。暑い夏の日のことでした。
椿の木の陰に、フキの葉が青々と茂り、まるでコロボックル小国そのもののような、
佐藤さとるさんの自宅に、有川さんが訪れます。
そこで佐藤さとるさんは、有川さんにこんな言葉をかけられました。
「ぼくはこの物語の続きを誰でも禁則さえ守れば書けるようにオープンエンドにした。

でも誰も書いてくれない。有川さん、書いてみたら?」
それは、コロボックルたちが見守る中で手渡された、バトンのようでした。
1987年から27年を経て、いま、「コロボックル物語」の新刊が発売されます。
それは、名作を読み継ぎ、書き継ぐという
奇跡の瞬間──。
そして、奇跡のスタートなのです。

「コロボックル絵物語」 有川浩 絵・村上勉 

 

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください