島本理生 「ナラタージュ」角川文庫

LINEで送る
Pocket

「決して同じ道を歩けない。こんなにも愛した人には、もう一生出会えない」

ホンスキーズBOOK テーマ「おすすめの恋愛小説」

オススメ人 福岡県 ラジオネーム snow

 

・この本のおススメどころ

この本は、島本理生さんが、まだ20代前半で書かれた小説です。

もう二児の母となっていた私が、何故これを読んで、あんなにも心揺さぶられたのか、自分でもよくわからないのですが、とにかく恋愛小説と言えば、この本が浮かぶのです。

主人公・泉は大学2年の春、母校の演劇部顧問であり、ずっと思いを寄せていた葉山先生から、後輩たちの練習に参加してほしいと頼まれます。

再会して、自分の想いが決して終わっていないことを思い知らされる泉。

葉山も、彼のせいで心に深い傷を負い、別居している妻がいるのに、泉に対する熱い想いを消せないでいました…なんて書くと「ただの不倫じゃん」と言われそうですし、実際、葉山先生は泉に甘えきってて、ズルいと思いますが、2人の心の中にある孤独や痛みは、2人にしかわかりあえないし、分かちあえない…この苦しくて切ない事実を、島本さんの文章は、瑞々しい感性で、ビシビシ伝えてくるのです。

決して同じ道を歩けない。こんなにも愛した人には、もう一生出会えない…これをわかったうえで、生きていくことを受け入れている泉に、全て共感はできないけれど、そんな静かで激しい恋愛を経験した彼女がうらやましくもあります。

レストランでのラストシーンが印象的で、泉と一緒に涙が溢れてしまったことを覚えています。

若くて恋愛真っ最中の人にも、好きな人に触れる喜びや、恋する故の不安な気持ちや、流れる涙の温かさを忘れてしまった人にも、オススメの恋愛小説です。

 

・この本との出会い

高校時代の友人が、SNSでオススメしてたので、素直に言うことを聞いてみました(笑)

普段、恋愛小説は手に取りませんが、素直にオススメに乗っかってよかったです。

 

・初恋の思い出

初恋ではないのですが、数少ない私の恋愛経験の中で、初めて一方的に相手からピリオドを打たれてしまった恋があります。

大学時代、つきあってた彼は、筋金入りのホンスキー。

ミステリーばかり読んでいた私は、彼のおかげで、村上春樹さんの「風の歌を聴け」宮本輝さんの「青が散る」などの作品に出会えました。

彼とはよくケンカもしましたが、彼の心が私から離れることはないと信じ込んでいました。

でも、人の心はうつろうものなんですね。彼には別に好きな人ができてしまいました。

彼からフラれた時、自分にもこんなにドロドロした感情があるのかと驚き、落ち込み、立ち直るまで大変でした。

今となっては、あの失恋があったからこそ、他人の痛みか少しはわかるようになったし、本がさらに好きになったのは彼のおかげかなぁと感謝しています。

いや、やっぱり少しは「うらめしや〜〜」と思ってるかも(笑)

島本理生

小学生のころから小説を書き始める。1998年、15歳のときに「ヨル」が『鳩よ!』掌編小説コンクール第2期10月号に当選、年間MVPを受賞する。

2001年18歳で「シルエット」が第44回群像新人文学賞の優秀作に選ばれる

「ナタラージュ」は22歳のときの作品

切ない系恋愛小説

きいろいゾウ 西加奈子著

その昔。少女は、病室できいろいゾウと出会った。

青年は、飛ばない鳥を背中に刻んだ。

月日は流れ、都会に住む一組の若い夫婦が、田舎の村にやってきた。

妻の名前は、妻利愛子。夫の名前は武辜歩。

ツマ、ムコさんと呼び合う、仲のよいふたりだった。

物語が、いま、はじまる。最新にして最深の、恋愛長編小説。

「BOOK」データベースより

国境の南、太陽の西 村上春樹著
今の僕という存在に何らかの意味を見いだそうとするなら、僕は力の及ぶかぎりその作業を続けていかなくてはならないだろう―たぶん。

「ジャズを流す上品なバー」を経営する、絵に描いたように幸せな僕の前にかつて好きだった女性が現われて―。

日常に潜む不安をみずみずしく描く話題作。
「BOOK」データベースより

ティファニーで朝食を カポーティ著
第二次大戦下のニューヨークで、居並びセレブの求愛をさらりとかわし、社交界を自在に泳ぐ新人女優ホリー・ゴライトリー。

気まぐれで可憐、そして天真爛漫な階下の住人に近づきたい、駆け出し小説家の僕の部屋の呼び鈴を、夜更けに鳴らしたのは他ならぬホリーだった…。

表題作ほか、端正な文体と魅力あふれる人物造形で著者の名声を不動のものにした作品集を、清新な新訳でおくる。

「BOOK」データベースより

バイバイ、ブラックバード 伊坂幸太郎著
星野一彦の最後の願いは何者かに“あのバス”で連れていかれる前に、五人の恋人たちに別れを告げること。

そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上品」―これらの単語を黒く塗り潰したマイ辞書を持つ粗暴な大女、繭美。

なんとも不思議な数週間を描く、おかしみに彩られた「グッド・バイ」ストーリー。
「BOOK」データベースより

グレート・ギャッツビー フィッツジェラルド著
村上春樹が人生で巡り会った、最も大切な小説を、あなたに。

新しい翻訳で二十一世紀に鮮やかに甦る、哀しくも美しい、ひと夏の物語―。

読書家として夢中になり、小説家として目標のひとつとしてきたフィッツジェラルドの傑作に、翻訳家として挑む、構想二十年、満を持しての訳業。

「BOOK」データベースより

 

 

インターネットラジオゆめのたね放送局

関西チャンネル 日曜朝8時~8時半

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenotane/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください