第3回石垣島ウルトラマラソンに出た!!

LINEで送る
Pocket

「そんな方法もあるんだ。最悪それもありか」

 

石垣島ウルトラマラソンが終わった。

先に結果を言うと60km中40km…完走はできなかった(>_<)

 

朝4時に起きて同室の2人を起こさない様に準備。

ふくらはぎと膝をテーピング。

マラソン用の筋肉をサポートするタイツを着用。

マラソン用の5本指ソックスを履き、その上にもう一足マラソン用の靴下を着用。

アンダーウエアを着てその上に大会用のTシャツ。

初マラソンなのに殆ど練習もせず参加するので装備だけはベテランの様(^_^;)

6時45分から開会式。

そこで大会コーディネーターの佐田富美枝さんが挨拶で

「無理と思ったらバスに乗ってください。

ゴール出来そうなところで降りてゴールしてください。

この大会はリタイヤとは言いません。

ワープと言います」

 

「そんな方法もあるんだ。最悪それもありか」

 

そして7時になり小雨の中あかんまサッカーパークからスタート。

 

そもそも走るのではなく早歩きで1kmを9分半平均で行く予定なので出発からかなり最後尾。

曇っていて山の中に入ると森林浴の様に上り坂も気持ちよく感じるほど。

5km地点で最初のエイドに到着。

「ここからは下りですよ」

と言われてホッとしながら水分補給。

一緒に参加した2人とはスピードが違い山に入る時点で既に一人(笑)

下って10km地点のエイドに到着。

ここでは八重そばやチャンプルーも振舞われていたが、水分補給と塩分のタブレットを余分に貰ってスタート。

天気予報では9時から晴れ。

予報通りに9時過ぎからは晴れてきたもののまだ雲も多くある意味マラソン日和。

はるか前方に見える黄色いTシャツ。

「あぁ、私のすぐ前の人はあそこに居るのか」

振り返ると誰もいない。

県道を通る車は殆ど無く、聞こえるのはカラスの鳴き声。

マラソンってこんなにも静かなのか…。

 

14km地点でのエイドで四角で茶色の補給食を見つけ、

「チョコレート?」

と思って口に入れると黒糖♡

甘くて美味しくてなかなか溶けない優れもの。

口の中で転がしながら、エメラルドグリーンの海を見ながら歩く。

ここから暫くは海岸線。

太陽が降りそそぎ、青い空に白い雲、そして広がる海。

ロケーションは抜群。

それに反比例して心は折れそうになると、沿道に居る人が声をかけてくれる。

店番をしているおばあ

観光バスに乗ってやってきた観光客の人達

オレンジをふるまってくれたご夫婦

どの人も一期一会

見ず知らずの人の声援がこんなにもエネルギーに変わるのは初めての経験

 

この海岸線で28km地点を折り返して40kmになろうとしている人達と擦れ違い始める。

スタートから約3時間半

私が走らずに早歩きをしているせいか、擦れ違うランナーが「ファイト!」と声をかけてくれる。

段々足取りも重くなり1km9分半のはずが1km10分に。

22kmを越えたあたりから

「マジで無理かも…」

と、思い始める。

これまで歩いても15kmまでだったので、自分の中では自己ベスト。

もう、それでいいやん。

次の23kmのエイドでリタイヤしようか…。

でも、せめて折り返し地点の灯台までは行きたい。

と歩きながら葛藤していると太鼓の音が聞こえてきた。

エイドに着いた。

パインのゼリーを食べてもうリタイヤしようと思ったその時。

2日前に西表島で出会ったご夫婦の奥さんがエイドに入ってきた。

その方は西表島でトレッキングをして足に豆ができてしまい、豆を潰しての参加。

聞くと足が痛いと言いながらも笑顔。

そして私に向かって

「灯台までは行こう!!」

その言葉に励まさせれて次のエイドである御神埼灯台に向けて歩きだした。

上り坂になるたびに少しうんざりしながら…。

実はこの灯台のエイドは関門になっていて、12時までに着かないとタイムアウトとなってしまう。

時計は11時10分…間に合わないかも。

それでもとにかく、折り返し地点まで黙々と進むと今度はギターと歌声が。

「関門までもうすぐですよ」

頭上の看板を見ると

「御神埼岬 0.6km」

あれ?まだ2kmあるんじゃ???

そう、折り返し地点は30kmじゃなくて28kmだったんだ。

あっ、関門時間まで間に合うかも。

しかし、あと600mがずっと上り坂

タイムアウト8分前に灯台に到着!!

そこから見る海が美しくて

「きれーっっ!!」

と大声をあげた

灯台を降りるとそこには観光で来ていたハーレーダビットソンのツーリングチームが居たので思わず

「いいなぁ~。乗りたいなぁ」

「ナンキロ走ってるの?」と聞かれ

「28km」

驚くツーリングチームの人達。

「5時間かかりました…ウルトラマラソンで60kmなんです」

「60km!!」

「途中で座りこんでいたら、乗せて下さいね」

と言うと笑顔で承諾

(実際には、そんな事はないんだけど)

エイドで10分ほど休憩して座りこんでいるとスタッフの方が私の近くに立って影を作ってくれるんです。

それもさりげなく(T_T)

バスに乗るかどうか悩んだ挙句、もう少し歩くことに。

岬を降りてギターのお兄さんが居たところを来た道と反対に進み歩く

少し歩くと足の裏がだるく吐きそうに。

「あ~っ、やっぱり無理」

後ろを振り向くと、私が最後尾なのでスタッフの方が付いてくれていたので、その方に

「バスに乗ります」

と告げました。

バスに乗ると先に西表島さん(名前を聞かなかった…)が乗っていて

「すごいね~。初めてでよく歩いたね~」

と労ってくれました。

バスの後部座席に座るとホッとしたのと

「あ~っ、リタイヤしちゃった」

と、後悔の念も…。

バスが少し進むと20kmくらいから同じ様なペースで走っていた女性が居て、その人もバスに。

バスはランナーを見かけるとみんなが「がんばれー」と声をかけて励ます役割も。

バスにはコーディネーターの佐田さんが乗っていて、いろいろと話しをバスのみんなにしてくれた。

バスでは「ゴールの近くで降りてみんなでゴールしよう」

と提案があった。

それはそれで楽しそうだなぁと思ったけど、同じにゴールするなら一緒に参加した2人とゴールしたいと思って50km地点のエイドで2人を待つことにする。

佐田さんやバスに乗っていたみんなに10kmを歩く事を伝えるとバスを運転していたスタッフに

「もう1回バスに乗ってもいいよ。ワンコールで迎えに行くから」

と言ってもらえた。

 

1時間半くらい待っていると順にエイドに到着したNさんとDさん。

「バスに乗ったけど後10kmは一緒に歩いてゴールしたいから待っててん」

しかしNさんは

「自己ベストを出したいので行きますね」

と最低限の休憩だけで出発。

少ししてDさんと一緒に出発。

実はここからゴールまでが難所。

農道を歩くのですが、いくつもの坂を登ったり下ったり。

両サイドは畑なのでまるでアメリカのロードムービーの様。

Dさんと一緒に話しながらでなかったら直ぐに心が折れていたと思う。

そしてそんな農道を歩きながらDさんは私に

「ラスト5kmになったら攻めていいですか?」

いや、良いも悪いもないやん。

45km地点でのエイドまで一緒に歩いて、そこからはまた一人で歩くことに。

ここからは県道87号線。

なだらかな登りになっていて、音楽を聞きながらの歌いながら。

周りに人が居ないので、かなり大きな声で歌いながら歩いていたのですが、好きな歌と言う事もあって、だんだんテンションが上がってきた。

そして看板もカウントダウン表示に。

「ゴールまで後3km」

 

少し前に足を引きずりながら歩いているランナーが。

そして直ぐ横にはマウンテンバイク。

良く見ると、奥さんがマウンテンバイクで伴走をしている。

上り坂もマウンテンバイクから降りることなく、ご主人のペースに合わせてゆっくりゆっくり漕いでいる。

降りて押した方が楽なのでは?

と思う様な坂を。

ラスト2km地点でお二人を追い越すことになった。

ご主人に

「大丈夫ですか?」

と声をかけると

「大丈夫です」

と返事があった。

少し前にいる奥さんに追いついて

「自転車、大変ですね」

と言うと、笑顔で

「そんなことないですよ」

ステキなご夫婦だなぁと思った。

 

スタート地点でもあったゴールのあかんまサッカーパークが見えてきた。

20kmワープしているし、途中3時間ほど休憩しているので足のトラブルは無い。

あらためて自分のメンタルの弱さを思い知らされることになった。

ゴール手前でスタッフの人達が大きな声で声援を送って手を振ってくれている。

バスで一緒だった人に

「待ってたよ~」

と言われて泣きそうに…(T_T)

ハイタッチをしてさらにゴールテープまで進む。

ゴールテープの向こうにはバスを運転していた人が…。

ゴールと共に思わずハグ。

 

ゴール直後は嬉しかったけど、間の20kmをワープしている後ろめたさと思ったより足のトラブルも無いので、60kmを完走した人達と同じ様に迎えられて恥ずかしさと悔しさがこみ上げてきた。

バスのみんなと楽しくゴールをしていたらこんなに悔しくは無かったと思う。

ラスト10kmの地点でリ・スタートし、残り5kmは一人で歩いたからこその悔しさ。

マラソンを通じて素敵な人達に出会えた。

同じランナーやスタッフの方。

走ることや歩く事が好きになった訳ではないけど、あの人達にまた会いたいと思う。

だから

来年の石垣島ウルトラマラソンに参加することにしました。

完走を目指して…。

 

インターネットラジオゆめのたね放送局

関西チャンネル 日曜朝8時~8時半

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenotane/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください