「やらない決意」井口晃 サンマーク出版

「今まで自分がやってきた事が全否定されます(笑)」

 

著者 井口晃(いぐち・あきら)

リッツコンサルティングPTE.LTD. 代表取締役。東京生まれ、ロサンゼルス在住。

中学・高校時代にいじめられ、5回もの転校をくり返す。「自分は生きている価値がないんじゃないか」と人生に絶望、家族・友人などの人間関係から逃げるために20歳でニューヨークに留学する。人生を変えるために自己啓発・心理学・ハイパフォーマンス学を学ぶものの、うつや自殺未遂を経験して逃げるように帰国。

その後、なんとか自力で英語セミナーを始めたことをきっかけに起業する。「やらないこと」を明確にしてエネルギーを一点集中することの大切さに気づき、それを実践することで、ビジネスや投稿で次々に成功を収める。

セミナー講師やコーチとして活躍の幅を拡げた後、近年では、日本だけでなく、アメリカ、台湾、シンガポール、南アフリカなど世界各地で、数千人規模のセミナーに登壇する「グローバルトップスピーカー」として、国内外で大きな注目を集めるようになる。

毎年、世界中で1万人以上の人を指導するかたわら、メルマガやフェイスブックなどを通じて15万人以上の人に、メッゼージを届けている。

著者は「人生の9割は逃げていい。」(すばる舎)、「メンターが見つかれば人生9割決まる!」(かんき出版)など、累計20万部を超える。

(公式サイト プロフィールより)

公式サイト

http://akiraiguchi.com

 

さて今回、私がこの本に尋ねた質問は…

 

① 「やらない決意」をする時の心構えを教えてください

 

♬自分にとって大事な仕事から着手し、そうでもない仕事は後回しにする

午前中は1日のうちで意思エネルギーが最も多い時間帯。

仕事は「大事なものから順に行う」

 

♬意思エネルギーを「一点集中」させる

成功者も普通の人も意思エネルギーの総量は同じ。

だからこそ、やりたい事にエネルギーを一点集中することで自分の夢を叶えることができる。

決断することそのものにエネルギーが必要なので、決断の回数を減らすことでエネルギーを保つ。

 

♬最初に決めたこと「以上」の事はやらない

思いつきで仕事に着手し、それが終わると「次に何しようか?」と考える。

1日に何度もスケジュールについて考え決断するので膨大な意思エネルギーを浪費している。

仕事にとりかかる前に1日のスケジュールを立てて、そこに書いた以上の事は「やらない」

1日に取り組むプロジェクトはどんなに多くても3件までにする。

 

② 「やらない」と決める基準は?

 

♬ まずは「やりたい事」を一つ決め、それ以外はやらない

エネルギーを分散させないためにやりたい事は「一つ」に決める。

ルーティン化できるものはルーティンにしてしまい決断する回数を減らす。

「やらない事」の項目として「お金」「時間」「人間関係」「常識」で考える。

 

感想

今まで自分がやってきた事が全否定されます(笑)

成功したいために「紙に書いて貼る」そのエネルギーが無駄と一蹴です。

ただ、意思エネルギーの総量は決まっていて、どこにエネルギーを注ぐのか…その視点は大切だと思いました。

毎日やっている事は内容を決断するエネルギーを減らすために「ルーティン化」と言うのはあり!!

やらない=捨てる、さて何を捨てようか…あっ、これもエネルギーの無駄なのか!?

目次

はじめに

第1章 人生は「何をやらないか」で決まる

 「意思エネルギー」を使い、中流の一般庶民がエリートに勝つには?

第2章 時間に振りまわされないために、やらないこと

 怠け者でも働き者に断然勝てる!

第3章 人間関係で悩まないために、やらないこと

 イケてない自分がイケメンに勝つには?

第4章 お金に支配されないために、やらないこと

 貧乏人が金持ちに勝つには?

第5章 常識に束縛されないために、やらないこと

 世間の常識を覆し、大逆転するには?

 

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

 

 

 

 

「サルサ~ラテン・ディスク・ガイド」 編者:東琢磨

 「1995年に発表され既に絶版」

ホンスキーズBOOK「本当はとっておきで言いたくないけど、紹介しちゃう本」

 

オススメ人 ラジオネーム 茨城県 きーさん

この本のおすすめどころ

1995年に発表され既に絶版になっている『サルサ~ラテン・ディスク・ガイド』

という一冊です。

1950年代以降に登場した「著者オススメのラテン系CD」の紹介と

日本で活躍したミュージシャンのエッセイが収められています。

今ではネットで音楽が買えたり試聴や聴き放題など様々なサービスがありますが、

この本が出た頃は未だCDショップへ出掛けて目当てのCDを探すのが当たり前でした。

特に「ラテン音楽」ともなると大手レコード店や輸入専門店でないと

出会うことが出来ないジャンルで、この本から気になるCDをチェックしては

頻繁に買い出しへ出掛けました。

今の様にネットで検索して簡単に手に入る時代ではないので

お目当てのCDを見つけた時の嬉しさは格別でした。

また、この本には元オルケスタ・デ・ラ・ルスのカルロス菅野氏や

1年数ヶ月前に解散したTHE BOOMの宮沢和史氏などなど、

当時の日本のラテンブームで先頭に立って活躍していた

若きミュージシャンのエッセイも掲載されています。

ラテン音楽はJ-POPやロックなどと違い、

極端に情報ソースが少ない音楽ジャンルでしたので買った当時から大切にしている一冊です。

 

この本との出会い

東京都内のレコード店のワールド・ミュージックのフロアで小冊子やライブのチラシなどと共に2冊だけ陳列されていて即買いしました。

 

きーさんにとって「読書」とは?

 元々、読書は「情報を得る為のツール」という認識でしたが、

Facebookの「本が好き倶楽部」でホンスキーの皆さんと交流する内に

小説の楽しさを教えて貰いました。

読まず嫌いもありますが小説も読み始めて読書の幅が広がりました。

 

♬「オルケスタ・デ・ラ・ルス」サルサの楽団 → ラテン音楽

http://www.laluz.jp/

ニューヨークでキューバ音楽をもとにジャズの要素を加味し音楽家達が作った。

 70年代ロック・ソウルなどの要素を吸収しつつ、ラテンアメリカ各国に広まる。

  明るいリズム、気持ちをあげたい時におススメ

♬サルサ

 サルサはラテン音楽の一つである。スペイン語のソースを意味し、いろいろな音楽が混ざって形成されたことから命名された説がある。

リズムの基本となるのは南米音楽特有の「クラーベ」という単位である。クラーベのリズムは一般的に2-3(ツースリー)、3-2(スリーツー)と言われるリズムで、一般的に2(ツー)はシンコペートされた2拍目と3拍目のみ、3(スリー)は4拍子を三連符のリズムでクラーベスの音を出す。その二つでワンセットの「クラーベ」という単位になり、そのクラーベのリズムにベースやピアノが加わり、コンガ、ボンゴ、ティンバレスなどのパーカッションや、トランペットなどのホーンセクションが加わって構成されていく。

加わる楽器や演奏形態は、ソンやモントゥーノ、ルンバ、グアヒーラ、ボレロなどリズムによって変わる。クラーベとはスペイン語で基本・鍵と言う意味で、楽器のクラーベは2本1セットで演奏するためクラベスと言う。

 

 

 

RFA協会 リーディングファシリテーター

インターネットラジオゆめのたね放送局 

関西チャンネル「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

 

 

 

 

 

 

「フランバーズ屋敷の人々」 K・M・ペイトン

「子どもたちに世界って広くて色んなことがあるんだなぁ」

ホンスキーズBOOK おすすめの児童文学

オススメ人 ラジオネーム 兵庫県 ゆみこさん

 

 

この本の魅力

両親を亡くし叔父と2人の従兄弟が暮らすフランバーズ屋敷に引き取られた少女クリスチナの青春と愛と人生を描いた全5冊の物語です。

第一次世界大戦前後のイギリスを舞台に、決して幸せな日々ばかりではないけれど、前を向いて懸命に歩いて行くクリスチナの姿に心打たれます。

ロマンスもチラホラ出てくるので、子ども心にドキドキときめきました。

 

この本との出会い

小学生のとき、隣の住んでいた同級生の女の子に貸してもらいました。

当時は全3冊の物語だったと思います。

一度読んだだけでしたが、ずっと心の中に残っていました。

数年前に続きの2冊が出版されていることを知り図書館で借りて再読。

物語の世界にひきこまれて夢中になって読みました。

 

児童文学の魅力

楽しい話、悲しい話、不思議なファンタジー、ワクワクする冒険物語。

色々な児童文学がありますが、すべてに共通して言えるのは、子どもたちに世界って広くて色んなことがあるんだなぁと気づかせてくれる、扉を開けるカギのようなものなんじゃないかなと思います。

 

♬K・M・ペイトン

イギリスの作家で美術家である夫のマイケル・ペイトンと合作していたこともあり、ペンネームにあるMは夫の名前に由来。

また、Kathleen Helaldのペンネームで、ヤングアダルトを対象にした作品を執筆したこともある。

代表作でもある『フランバーズ屋敷の人びと』(Flambards)シリーズの第2作『雲のはて』で、1969年度のカーネギー賞を受賞する。

 

♬カーネギー賞

カーネギー賞は、イギリスの図書館協会から贈られる児童文学賞である。

鋼鉄王といわれたアンドリュー・カーネギーが図書館の発展に寄与した業績をたたえて、1937年に創設された。

ピアソン慈善基金が後援している。

受賞作品 ナルニア国ものがたり・雲のはて フランバーズ屋敷の人びと2

対象作は前年にイギリスで出版された英文の児童書で、1968年まではイギリス国籍の作家のものに限られていたが、現在は海外の作品も最初に出版されてから3ヶ月以内にイギリスで出版されれば対象となる。

同じイギリスの児童文学賞であるガーディアン賞は、対象がフィクションに限られ、一度受賞した作家の作品は対象外としているが、カーネギー賞は伝記などのノンフィクションものも対象とし、再受賞が可能である。

 

『フランバーズ屋敷の人びと』シリーズの第1作から第3作までは、ガーディアン賞を受賞。

RFA協会 リーディングファシリテーター

インターネットラジオゆめのたね放送局 

関西チャンネル「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

「15少年漂流記」 ジュール・ヴェルヌ

「頑張れ!少年(笑)」

ホンスキーズBOOK おすすめの児童文学

オススメ人 神奈川県 ラジオネーム みっちょむ

・この本のオススメどころ  

 児童文学の良いところは、安心して結末が迎えられること(笑)

バッドエンドは滅多にないですもんね?   

漂流してしまった15人の少年たちが、ふりかかる災難や問題をどのように「解決」いくか。   

特に、反目しているブリアンとドニファンに和解のときが訪れるのか?それはいつ?どのように?頑張れ!少年(笑)

 

・その本との出会い   

もちろん学校の図書館です。   

当時はamazonも電子書籍もなかった。   

両親はそれほど子供の行動に頓着していなかった時代ですので、地域の図書館に連れて行くほど親切ではなかった。(笑)   

子供は学校の図書室に本を求めるしかなかったのです。   

熱心な図書室通いは、貸出カードを埋める競争に勝つことが目的だったような気がしないでもないですが(笑)・・・。

でも、そのおかげで本好きっ子になれました。

 

 ・児童文学の魅力   

もちろん安心して迎えられる結末です。   

幸せになる登場人物を見て、自分も幸せになれる!

 

♬ジュール・ヴェルヌ

1828年フランス・ナント生れ。1863年、株式仲買業の傍ら書き上げた『気球に乗って五週間』が大成功を収める。

以後生涯六十余編の空想科学小説を刊行。

〈SF小説〉の生みの親であり、世界中に熱狂的読者を持つだけでなく、多くの文学者にも影響を与えた。

代表作に『海底二万里』『八十日間世界一周』『月世界旅行』『地底旅行』など。1905年没。

「日本ジュール・ヴェルヌ研究会」 

http://julesverne.jpn.org/

設立の辞 (日本ジュール・ヴェルヌ研究会サイトより)

ジュール・ヴェルヌ愛好者の親睦を深め、ジュール・ヴェルヌの栄光を日本と世界にあまねく伝えることを使命とする「日本ジュール・ヴェルヌ研究会」の設立をここに宣言します。

ジュール・ヴェルヌは明治初期という早い時代に日本に紹介された外国人作家の一人であり、今日においても『十五少年漂流記』など、日本の子供たちが最初に手にする本の作者として広く知られております。しかしながら現在、日本語で読むことのできる作品はその膨大な著作の一部に過ぎず、作家の偉大な功績に対し、質、量ともに十分な紹介がなされているとは言えません。また、依然として青少年向けの大衆作家という低い評価に甘んじている現状もあります。こうした状況を打破すべく、作家の没後101年目にあたる2006年2月、われわれは「日本ジュール・ヴェルヌ研究会」の設立を構想し、晴れてここに発足の運びとなりました。各人の専門領域、得意分野の如何を問わず、一般の読者から研究者までヴェルヌを心の糧とする同好の士が集い、作家の実像を探り、作品についての議論や研究の成果を広く世界に向けて発信していく会をめざします。ヴェルヌを読む、知る、最新の情報に触れる、ヴェルヌについて調べる、語り合う、ヴェルヌについて書く、つまりヴェルヌを楽しむ!当会が日本におけるヴェルヌ愛好者の一大拠点となり、活発な交流、活動が末永く行われることを希求するものであります。

2006年2月8日                        

 

誰でも入会ができます(^^♪

 

 

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

人の5倍売る技術 茂木久美子 講談社+α新書

「私にできる飾りつけは、『言葉』と『手』、そして『口コミ』です」

 著者 茂木久美子

1980年、山形県生まれ

日本レストランエンタープライズ・チーフインストラクター

1988年からJR東日本の車内販売会社で、山形新幹線車内販売員として勤務。

ダントツの売上成績を挙げ、2006年のゴールデンウィークには、販売員平均の約5倍の売り上げを達成。

2006年10月に最年少でチーフインストラクターに抜擢される。

2012年車内販売員を引退。NREを退社。講演活動を中心に活動を展開。

日本中から講演依頼が殺到し、年間150回以上をこないしている。

2015年さらに活動の幅を広げるため、㈱グローバルゲンテンを設立。 

 オフィシャルブログ

https://ameblo.jp/mokikumiko/

 

さて今回、私がこの本に尋ねた質問は…

 

「営業の極意を教えてください」

 

♫プラスアルファの何かをお客様にご提供できれば…と働く

・無料で提供できる楽しい会話や思い出=心を込めた「おまけ」

・人間だからこそできるサービス

・お客様にとってプラスになる新しい情報 → 「ストーリー」を商品と共に提供

 

♫オーダーメイドの気遣い

・お客様をよく見てその人に合った気遣いをする → 心地よさ

・その人ごとに合った接し方を模索 → 時に方言で話しをする

・一人ひとりに寄り添うだけでなく、そのときそのときのお客様の変化にも対応しなければならない

 

♫お客様を覚える

・「データ」としてではなく「どんなお客様」「何が好きで何が嫌い」といった事に興味を持つ

・「販売員から買う」のではなく「茂木さんから買う」と思ってもらうところまで持っていく

・相手のキーワードを見つける

(お客様は皆一つのキーワードを持っている)

感想

「まずお客様の事を考え」て車内販売をしていると思いました。

本書には具体的なエピソードが沢山紹介していて、心をこめた「おまけ」がどんな事かもわかりやすく且つ読みやすくなっています。

そして想像力。

第三章のオーダーメイドの接客業の所では、冬場に参考書を読んでいる若者がいれば「受験生かも」と想定し、後輩に「物を落としたり、落ちた、滑るといった言葉を使わないように気をつけてね。敏感な時期だから」と伝える。

マニュアルには書いていないが、家族なら当たり前のこと。

そのお客様がどういった状況なのかを持ち物などで想像して接客していく。

こういったちょっとした気遣いをするかしないかで、営業って変わるんだなぁと思いました(^^♪

 

 

目次

はじめに…物を売るための「七つの技術」

第一章 営業マインド…物ではなくストーリーを売る

第二章 セールストーク…一言で場の主役になる

第三章 接客業…一人ひとりにオーダーメイドで

第四章 効率化…「必殺技」で人の五倍

第五章 信頼の構築…常連客の作り方

第六章 人材育成…人に学び人を育てる方法

第七章 前向きな姿勢…心をプラスにする習慣

おわりに…今にしがみつかないで

 

RFA協会 リーディングファシリテーター

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin

「やかまし村シリーズ」 アストリッド・リンドグレーン

「子どもの頃に読んだ本たちに、強烈な魅力を感じます」

ホンスキーズBOOK おすすめの児童文学

オススメ人 ラジオネーム 東京都  エルフィー 

・この本の魅力

やかまし村の、たった6人の(後にオッレに妹が生まれて7人になる)子どもたちの生活がうっとりするほど素敵です。

窓越しに手紙をやりとりしたり、ほし草置き場で眠ったり、ソリの競争をしたり、子ヒツジを育てたり、遊び小屋を作ったり。

 真っ暗なほし草置き場で女の子たちがおびえながら眠る様子はとても気持ち良さそうです。

 

 ・この本との出会い

6歳の誕生日に、当時高校生だった若き叔母がプレゼントしてくれました。

初めての姪が可愛かったらしいです。

 

・児童文学の魅力

 子どもの頃に読んだ本たちに、強烈な魅力を感じます。

大人になってから初めて読んだ児童文学では、そこまでのワクワクはありません。

経験が乏しい子どもだからこそ、児童文学からどんどんイメージが拡がり、それが魅力になるのかなと思います。

受け手の感性が未発達な方がいいのかも。

魅力なんて考えたことがないので、とんちんかんなことを言ってるかもしれません。

 

 

作者のアストリッド・リンドグレーンはスウェーデンの作家

「子どものしつけに暴力は不要」

『長くつ下のピッピ』を生んだ作家リンドグレーンは,1978年にドイツ書店協会平和賞授賞式で力強く訴え、その提言は世論を動かし,スウェーデンでは,世界ではじめて子どもへの体罰を禁止する法律を定めるきっかけにもなりました。

子どもとかかわる全てのひとを希望へと導く名演説の「暴力はぜったいだめ」も本となっています

 

 子どもの気持ちをすくいとった児童文学作家で原稿や手紙は、すでに世界記憶遺産に。

 子どもに自分で道を切り開く力を求めながら、敷いたレールに乗せていないか?

大人が描く理想の子ども像を押しつけそうになったら、スウェーデンの児童文学作家アストリッド・リンドグレーンの物語をお勧めします。

 作家デビューは懸賞小説で、パートで働く37歳の主婦だったリンドグレーン。

その後生み出された数々の作品は90以上の言語に翻訳され、発行部数は1億5千万部にのぼります。

いたずらっ子のエーミル、プチ家出を決行するロッタちゃん……。

幼い主人公たちは理屈や思いをはっきり口にし、行動に移します。

頭でっかちな大人が立ちはだかる一方で、とことん味方する大人もそばにいます。

 「よい文学は子どもに世界での居場所を与え、子どもの心の中に世界を創造する」という本人の言葉通り、切手集めを趣味にするような目立たない子にも光が当てられました。

 

代表作となった「長くつ下のピッピ」は1945年、世に出ます。

船長の父は行方不明で、ピッピは9歳にして一人暮らし。

馬を持ち上げるほどの力持ちで、学校にも行かず、大人と対等に渡り合います。

 「こんなことができたら」という憧れを体現するピッピは、たちまち子どもたちの心をつかむ一方で、教育学の学者は新聞紙上で「まったく不自然な女の子は、読者の精神を引っかく不快な感覚以外のなにものでもない」と批判。

これに「すべての限界やしきたりを破るむこうみずな天才」と擁護する学者も現れて、教育論争に発展しました。

弾むような物語の背景には、「安心と自由が私の子ども時代を幸いなものにした」という自身の経験があります。

 お話が上手な父親と働き者の母親のもと、畑の手伝いをしながら、農場を遊び場に育つリンドグレーン。

「遊んで遊んで“遊び死に”しなかったのが不思議なくらい」

 

牧場に咲く野バラの香り、子牛の舌の感触。

五感が覚えていたことを作品に投影しています。

「私は私自身のなかにいる子どもを喜ばせるためだけに書いてきた」

そんな一冊を子ども時代に戻って読んでみませんか。

 

 

 関西チャンネル 日曜朝8時~8時半

 「ホンスキー倶楽部」

 パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenota

https://www.facebook.com/honskiy.guurin