石垣島ウルトラマラソンへの道 vol.1

LINEで送る
Pocket

「このままだと、歩けなくなる可能性がありますよ」

 

5月に開催される石垣島ウルトラマラソンにエントリーして、靴を買いにいった時に店員さんに言われた言葉です。

 

石垣島ウルトラマラソンとは…

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大会名称:第3回石垣島ウルトラマラソン

主  催:石垣島ウルトラマラソン実行委員会

共  催:海と自然の体験学習協会、SPORTSAID

後  援:八重山毎日新聞/八重山日報/石垣ケーブルテレビ/さんさんラジオ/石垣市

会  場:サッカーパーク「あかんま」
(スタート・ゴール)

期  日:2017年5月14日(日)雨天決行
スタート 7:00
競技終了 18:00
後夜祭16:00~19:00

種  目: 60km

制限時間: 11時間 途中関門あり

参加資格:18歳以上の(高校生は除く)長距離走歩に耐えうる健康な男女

参 加 料:先着300名——10,000円
後夜祭参加料—-2,000円(一人)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

なにをかくそう私はマラソン初挑戦(^_^;)

走るのは苦手を通り越して基本嫌い。

今まで走った最高の距離は3km

そんな私がなぜ走るのか???

それは、私を2年間マラソンに誘う友人がいて、その友人の誘いを断るために走るのです。

えっ?

断るのに走るの?

 

そうです。

一度は走らないと地獄の果てまで彼は誘い続けてきそうなのです(笑)

なので、一代決意をしてマラソンにチャレンジすることに決めました。

ただ「景色のいいところを走りたい」

と、希望したため石垣島のウルトラマラソンになってしまったのです。

 

さて、余談はさておき、靴の話に戻ります。

足に合った靴を選ぶ目的で、生まれて初めて足の測定をしてもらいました。

プリントアウトされた紙をみて驚きました。

 

右足は小指以外の指に体重が掛かっていましたが、

左足は5本の指のうち親指しか体重が掛かっていなかったのです。

着々と外反母趾が進んでいるのでした。

そして紙を見ながら店員さんが言った言葉が冒頭の言葉だったのです。

 

「靴が足に合っていませんよ お客様だと24.5cmです」

 

「ええ~っ!!」

 

靴は足にぴったりが良いと信じ込んでいて、ずっと23.5cmの靴を履いていた私。

それが…1cmも大きい24.5cmが適正サイズだったなんて…。

これは衝撃の事実でした。

そして、さらに店員さんの言葉は続きます。

 

「左足をかばうために右足が頑張りますから、足を痛めたのは右足のふくらはぎじゃないですか?」

 

大きく何度もうなずく私。

さすがはプロの販売員さんだ。

 

 

そして、私に合った靴をはかせてもらった。

紐もすいすいと結んでもらって立ちあがると足に吸いつくような感じ。

こんなにきつく紐を結ぶものなんだと学習もしました。

 

外反母趾のため、土ふまずも浅くインソールでアーチを作る事に。

 

話は靴から靴下に。

綿100%は汗を吸い取ってくれるが外に逃がさないので、濡れた状態になり蒸れて足に豆ができやすい。

なのでランニング用の靴下がおススメだそうです。

 

帰ってからランニングの本を読んでみると、豆が出来にくくするためにもジョギング用の靴下は必須と書いてあった。

そんな短時間で足に豆ができることにもびっくり(*_*;

 

ウルトラマラソンまであと1カ月

目標は30kmを5時間で走ること

(5時間を過ぎるとタイムアウトとなるのです)

 

この目標が達成できたら私の人生さらに変わるかも…

 

インターネットラジオゆめのたね放送局

関西チャンネル 日曜朝8時~8時半

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ (50歳から夢を実現させている) ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください