「白いギター」と「夢の実現」…ホンスキー倶楽部のBGMが決まるまで

今回は「ホンスキー倶楽部」でかけているBGMの曲についてのお話です。

通常4つの曲をBGMに使っています。

そのうちの2曲はアコースティックギター演奏者「わたなべゆう」さんの曲です。

私のアコースティックギターのインストルメンタル好きは、小学校5年生に遡ります。

当時、仲の良かった友人二人は共にお兄さんがいて、ギターが弾けました。

それがとても羨ましく思っていた所に、お店のお客さんから(当時祖母はスナックを経営していました)「弾かなくなったギターがあるから上げるわ」と貰ったのが、当時チェリッシュの歌で流行っていた「白いギター」でした。

 

すぐに練習を開始。

一番はじめに練習したのは、大好きだったさだまさしさんの「檸檬」

コードはAm Em C B7の4つ。

コードが変わるたびに止まり、指を置く位置を確認してまたジャラ~ンとならす。

B7に苦戦しながらもゆっくりゆっくりでしたが、なんとか最後まで弾く事ができ、何曲か練習しましたが、どうしてもFを押さえる事ができず挫折…。

それからも何度となくギターを弾き、そのたびにFで躓き…繰り返しでした。

 

自分は思う様に弾けなくても、ギターの音色は大好きで「さだまさし」「中島みゆき」「松山千春」「長淵剛」のレコードを良く聴き、高校生になりバイト代で買ったギターと楽譜で再度挑戦。

Fもなんとか音が出る様になりアルペジオやスリーフィンガーで中島みゆきに成りきって弾き語りをしていました。

 

大人になり子育て中は、もっばら聞く事が多くそれもギターのインストルメンタルは心が落ち着きました。

「ゴンチチ」「押尾コータロー」「DEPAPEPE」「中川イサト」CDを買いライブに行くようになったのです。

 

そんなある日、いつもの様にFM802を聴いているとギターの調べが…。

「あれ?押尾さんじゃない…誰やろ?」

FM802のサイトで調べると「わたなべゆう」

さらにネットで調べると、関西在住のギタリスト。

いつかライブに行きたいなぁと思っていると、たまたま友人と行った高槻の串焼き屋でライブのチラシが置いてあるではありませんか。

「わたなべゆう ライブ」

それも、このお店。

その日のうちに予約をしてライブ当日。

開演ぎりぎりに行くと、席はご本人のまん前しか空いてなく「ラッキー」と心の中で呟いてかぶりつきで聴きました。

その時に聴いた「ルパンⅢ世のテーマ」の疾走感は今も好きな1曲です。

https://youtu.be/TZVS_G1M4m0  (クリックすると聴けますよ♬)

その後の食事では同じテーブルで光栄にも、いろいろお話もできCDを購入して帰り、それからは都合がつけばライブに通う様になりました。

あるライブ会場で、ラジオのパーソナリティをする事を伝えて「BGMに曲を使わせて下さい」とお願いすると「ぜひ使って下さい」

アルバムHumming Lifeの曲を使うと、他のパーソナリティからも評判がよく、沢山の番組でBGMとして使う様になりました。

 

 

その頃の私は障がいがある人達の作業の支援を仕事としていて、新しい施設を建てるために資金を集める担当でした。

「そうだ、わたなべゆうさんのコンサートができないだろうか?」

と、思いついたものの、

「断られないだろうか?」

「そんな気軽に出演してくれるものだろうか?」

と心配しながらメールを送ると、その日のうちに快諾のお返事が。

そこから準備が始まりました。

ゆうさんはご自身の作品の中で絵本CDがあります。

そのうちの1曲を絵本の朗読つきで行うことになり、なんとその朗読をご本人から依頼され、100回以上CDを聴きながら練習。

本番は曲が終わるタイミングと絵本の朗読が終わるタイミングが上手く合い(合わせてもらったと思います。)お客さんからも「良かったよ~」と声をかけてもらえました。

憧れのアーティストと一緒に舞台に立つ事ができた…これも「無理かも…」と思いながらも「当たって砕けてみよう」と一歩踏み出してみた結果です。

 

ラジオのBGMをお願いする時も、コンサートへの出演依頼もどちらも、最初に湧き上がってきたのは「無理かも~」

これまでの私なら「無理かもしれないから、やめておこう」となっていたのですが、年齢を重ねると思考も若い時より大胆になるのでしょうか(笑)

「ダメ元で当たってみよう」「聞くのはタダ(=無料)」と、開き直って行動すると意外といけるもんです。

「いやいや、私では無理」と思っている方こそ、ちょっと勇気を出して一歩踏み出してみませんか?

「聞くのはタダです。命は取られません(笑)」

 

蛇足ですが…

わたなべゆうさんにはコンサートの宣伝を兼ねて私の番組「ホンスキー倶楽部」にもゲストとして出演して頂きました。

コンサートでの朗読の共演も含めて、忘れがたい一場面となりました。

 

 

ここまで読んで下さってありがとうございます。

興味をもたれたら、一度「ホンスキー倶楽部」を聴いて頂けると幸いです。

 

 

インターネットラジオゆめのたね放送局

関西チャンネル 日曜朝8時~8時半

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/

フェイスブック(ホンスキー倶楽部)

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenotane/

 

 

インターネットラジオゆめのたね放送局「ホンスキー倶楽部」のパーソナリティを始めた訳

私は今、大阪の門真市にある「インターネットラジオゆめのたね放送局」「ホンスキー倶楽部」と言う本を紹介する番組をしています。

有る意味、「夢が叶った」と言っても過言ではありません。

昭和40年生まれの私が小さい頃は、今のようにゲームと言えばトランプやボードゲーム。

 

 

スマホも無く、テレビは夜中になると番組は終了していて画面は砂の嵐。

一人っ子で家が自営で喫茶店をやっていた為、ラジオを聴きながら本を読むのが好きな子ども時代を送っていました。

当時、ラジオは「ヤングリクエスト(通称ヤンリク)」で毎日のヒット曲を知り、「ヤングタウン(通称ヤンタン)」でばんばん、ちんぺいさんの話に笑い転げ、夜中は「オールナイトニッポン」で中島みゆきや松山千春を堪能していました。

 

 

当時はラジオで曲を紹介する人をDJ(ディスクジョッキー)と呼んでいて憧れ、ラジカセとてんとう虫の形をしたレコードプレーヤーを用意し、自分の好きな曲を紹介してレコードをかけ、カセットに録音していました。

中学、高校と進み就職を決める時には「DJ」なんて事は頭の片隅にもなく、ごくごく普通の社会人となりました。

キーパンチャー(これも死語かも)、医療事務、学童の指導員、ケーキ販売、パブのお姉さん、派遣社員など様々な職の果て、ハンディがある人達の作業の支援をする中で、周りの人達にも支えられ、結婚・子育て・離婚を経験し夢中で働いてきました。

昇格もしたのですが、ある事がきっかけで鬱になってしまい休職に。

丁度40代後半で「後10年介護の仕事を続ける事ができるのだろうか?」

「ひょっとして私は職場では必要とされていないのでは?」

「体が思う様に動くのは後、20年…本が後何冊読めるの?」

などと、不安に感じ人生をカウントダウンしている自分がいました。

そんな時に長男が保育園に通っていた時に仲の良かったお父さんと話をする機会があり「子どもも手がかからなくなったから50代からは大人の青春やで」と話が盛り上がり、「そうだ今までとは違う事をなにかやってみよう」と思い始めました。

 

 

そんな時、友人からのメールで「ほめワーク」のセミナーのお誘いが。

ちょうど職場に復帰はしたものの人間関係にも悩んでいたので参加してみました。

2人でお互いに褒め合うことは照れくさいけど、ほめられると嬉しさも♡

そのセミナーの後に「インターネットラジオの放送局を立ち上げる。パーソナリティ募集」という話がありました。

その話を聞いているうちに「そう言えば、私、小さい頃にDJになりたかった」のを思い出し、パーソナリティになるべくセミナーを受講しました。

初めて録音ブースに入り3人で4分間の音源を収録した時のドキドキ感は今も鮮明に蘇ってきます。

・マイクに近づいて話す

・相手の話には相槌をうつ

最初は相槌もできず「無」の時間もありました(笑)

 

 

セミナーが終了した後も引き続き月一回の研修に参加し、

・番組の内容と名前を決める

・番組のCMを20秒で作る

・番組のオープニングを90秒で収録する

・番組のエンディングを90秒で収録する

…を経験しました。

BGMを決めて文章を考え、90秒で収まるか百回近く練習して研修で本番を迎えました。

そして、2015年6月に放送開始。

試験放送の収録では、原稿を完璧に作ったものの途中でどこを読んでいるかわからなくなり、頭の中は真っ白に…。

今では懐かしい思いでです。

2017年の6月には放送開始2年、100回記念を迎えます。

 

50歳にして小学生の頃の夢を叶えることになり、「一歩踏み出せば何かが変わる」事を実感しました。

ちなみにそのきっかけになったセミナーのメールをくれた友人は

「送るつもりなかってん。絶対来てくれへんと思ったから…。間違えて送ってん。」

人生って面白いですよね。

 

 

そんな私の番組は毎月テーマを決めて、全国の本好き(ホンスキーと呼んでいます)の皆さんのおすすめ本を紹介しています。

そして私のおすすめ本や日常のあれやこれやのよもやま話で、あっという間の30分です。

 

長文のコメントを読んで下さいありがとうございます。

「ホンスキー倶楽部」でお耳にかかれたら幸いです。

 

インターネットラジオゆめのたね放送局

関西チャンネル 日曜朝8時~8時半

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/

フェイスブック(ホンスキー倶楽部)

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenotane/

3月 著者サイン会のご紹介

出版社や書店で開催されるイベントの情報を紹介します。

①『旅人よ どの街で死ぬか。』刊行記念 伊集院静氏 サイン会

 

集英社単行本『旅人よ どの街で死ぬか。男の美眺』の刊行を記念して、伊集院静氏のサイン会が開催されます。

日時:3月31日(金)18:30~

場所:丸善・丸の内本店 2F特設会場
定員100名
要整理券(電話予約可)03-5288-8881

https://honto.jp/store/news/detail_041000021245.html?shgcd=HB300

 

対象書籍
『旅人よ どの街で死ぬか。』(伊集院静著/集英社刊/税込1,512円)

 

 

 

② 講談社「禁じられたジュリエット」刊行記念 古野まほろさんトーク&サイン会(トークゲスト 有栖川有栖さん)

日時:2017年03月25日(土) 15:00~

場所:ジュンク堂大阪本店

定員 100名 要整理券(電話予約可)  06-4799-1090

 サイン会は古野まほろさんだけだそうです。

https://honto.jp/store/news/detail_041000021322.html?shgcd=HB300

 

「ヅカメン!お父ちゃんたちの宝塚」  宮津大蔵

兵庫県宝塚市には、阪急電鉄の創設者「小林一三氏」が1913年に設立した「宝塚歌劇団」があります。

通称「タカラヅカ」「ヅカ」と呼ばれています。

ご存知の方も多いと思いますが、「タカラヅカ」は女性だけの歌劇団で、宝塚音楽学校を卒業した人だけが入る事ができ「男役」「娘役」にわかれて、ミュージカルやレビューを組ごとで公演します。

 

そんな女性だけの「タカラヅカ」を影で支えて愛する男性=「ヅカメン」達を主役にした小説です。

 

タカラジェンヌの日常を支える「生徒監」

タカラジェンヌを目指す少女の「父親」

タカラジェンヌの妹を持つ「兄」

宝塚ファミリーランド勤務を希望したが、劇場配属になった「大道具」さん

タカラジェンヌの肩たたきを行う部署に配属になった「プロデューサー」

 

そんな男性達が「月組」を支えるお話です。

最初から一気読みで最後まで読み終わると、また最初の話が読みたくなります。

6つの話の中でタカラジェンヌが成長していくんです。

 

家族以外の「ヅカメン」は宝塚への移動を希望した訳ではありません。

それどころか、配属されるまで「タカラヅカ」を観た事もない人ばかり。

女が演じる男なんて…と、思いながら彼女達と触れ合う中で少しずつ変わって行きます。

気がつくと「タカラヅカ」にどっぷりハマり、各々が自分の持ち場でタカラジェンヌと同じように120%全力を注ぎ「ヅカメン」へと変化していきます。

 

笑いあり 、涙ありのこの一冊。

 

フィクションでありながら、丁寧な取材をされ「タカラヅカ」の一面を切り取った「ヅカメン」へのオマージュ小説となっています。

 

「ヅカメン! お父ちゃんたちの宝塚」 255頁

宮津大蔵

石川県金沢市生まれ。桐蔭横浜大学教授(東京都家政学院大学非常勤講師) 

東京学芸大学卒業後、国公立小学校の教師、桐蔭横浜大学准教授を経て現職。教育書、子ども向けミステリー等の著書多数。

廣済堂出版 1300円(税抜き)

 

インターネットラジオゆめのたね放送局

関西チャンネル 日曜朝8時~8時半

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/

フェイスブック(ホンスキー倶楽部)

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenotane/

「十二人の死にたい子どもたち」 冲方丁

「みんなで実行するのではなかったのか?」

 

ある自殺サイトで集まった12人の10代の子どもたち。

場所は使われなくなった病院。
あらかじめ知らされた暗唱番号で中にはいり、
金庫の中から順番に1~12の数字を手に取り
地下の「その部屋」に行く。
最初に「2」番のケンイチが部屋に入るとベッドが12台
丸く並べられて、ベッドの上には番号の書かれた紙が置いてあった。
ケンイチが2番のベッドに行くと隣の「1」番のベッドには
すでに少年が横たわっていた。
「みんなで実行するのではなかったのか?」
そして全員集まると1人増えて13人に!!
「1」番のベッドの少年は一体誰なのか?
誰が連れて来たのか?
サイトのセキュリティの問題?
参加者の誰かがこの日の事を少年に喋ったのか?
疑惑が広がる中、サイトの管理者サトシが
このまま実行に移すか裁決をとる事を提案する。
原則は全員一致。
気が変われば出ていってもOK
挙手で裁決を取った結果「11対1」
そこから議論が始まった。
全員一致の結論は…。

 

 

「天地明察」「光圀伝」など時代小説がベストセラーの冲方さんの現代長編ミステリーです。

話が進む中で12人の背景がわかってきます。
そして、其々の「死」に向かう気持ちが伝わってきます。
特に10代は敏感な時期。
自分は生きている価値があるのか…。
こんな毎日が続くなら…。
そして1人だと実行できなくても仲間がいれば…。

この本は特設サイトがあります

http://hon.bunshun.jp/sp/12nin

 

私も幼い頃(8~9才)自殺願望が強く、どうしたら楽に死ぬことができるのかを考えていました。

私は両親が離婚し母方に引き取られたのですが、その母も小学3年生の時に家出をしたため、祖母にそだてられました。

その祖母にも養女に出されかけたために「私はいらない子?」「見捨てられる」と無意識に刷り込まれました。
この事はつい最近まで…いえ、今も私の恐怖となっています。
本に出てくる子ども達は私より厳しい現実を生きています。
その現実の中では一人ぼっちなのです。
だから「死」を選んでしまうのかも…。
13番目の少年についてのミステリーや1人ひとりの背景や性格など時間を忘れて読んでしまいました。

 

インターネットラジオゆめのたね放送局

関西チャンネル 日曜朝8時~8時半

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/ 

フェイスブック(ホンスキー倶楽部) 

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenotane/

 

キャッシュフローゲーム101 第二回目 ラットレースを抜け出る事に成功

初めてのキャッシュフローゲームでは、ラットレースから抜け出る事が出来ずにタイムアウト…(>_<)

今回はせめてゴールはできなくても、ラットレースからは抜け出たい!!

意気込みを持って行いました(笑)

今回もDKさんと二人でのプレー。

 

 

さあ、ここで1回目の気づき

 

負債を返す

 

どの職業についても負債があります。

住宅ローン

車のローン

クレジットカード

など…。

職業によっては教育ローンの返済も…(医者や弁護士など)

この毎月の返済が無くなると総支出も少なくなり、給料日に入ってくる現金も増えます。

そして、ラットレースを抜ける為にはキャッシュフロー(不労所得)が「総支出」を越えなければならないので、この「総支出」を減らすとキャッシュフローの金額が越えやすくなるのです。

 

さて、2回目

私の職業は前回の警察官から弁護士に

住宅ローン、車のローン、勿論教育ローンもあります。

サイコロを振ってスタート

 

 

「opportunity」のコマに停まると「Small Deals」のカードを引き株価が1$・5$の時に買えるだけ株を買って、その銘柄が30$・40$になった時に株を売って現金に換えました。

そして、負債を返済して不動産を買ってキャッシュフローを増やしていく事に…。

 

間で「Doodads」でもカードを引きます。支出の内容が書いてあります。

    

 

カプチーノマシン…まだ可愛い支出です。

 

上手く、株を売って400万$が手元にあったのに、先にDKさんがラットレースから抜け出したのです。

くやし~(>_<)

そして、私はラットレースから抜け出せないままタイムアウト。

DKさんはラットレースから抜けてファーストレースになりましたがゴール

(自分の夢を買う、もしくはプラス5万$のキャッシュフロー増やす)

 

この差は何か???

ひとつはラットレースのマスに「総支出の額を払ってニ回休み」と言うのがあります。

何故か吸い寄せられるように何度もそのマスに止まり休みました(*_*;

その間にDKさんはで「opportunity」に停まった時に「Big Deals」のカードを引き一度でキャッシュフローの金額を増やしていたのです。

 

今回の気づき

・「Small Deals」で現金を増やし「Big Deals」でキャッシュフローを増やす

 

インターネットラジオゆめのたね放送局

関西チャンネル 日曜朝8時~8時半

「ホンスキー倶楽部」

パーソナリティ ぐーりん

http://www.yumenotane.jp/

フェイスブック(ホンスキー倶楽部)

https://www.facebook.com/honsukiikurabu.yumenotane/