ちどり亭にようこそ ~京都の小さなお弁当屋さん~ 十三湊

「大事なのは自分で自分の生活をオーガナイズすることよ」by 花柚

【あらすじ】
花柚は将来の旦那さまのために、料理を習い始めたのは小学生の時。
旧家のお嬢様の花柚が、習った料理で京都の姉小路通沿いに、仕出しのお弁当屋「ちどり亭」を始めた花柚は24歳。
家を継ぐはずの兄が家出をしたので、花柚はお婿さんを迎えるべく毎週お見合いをしているが、良縁には恵まれていない。

「ちどり亭」でアルバイトの大学生の彗太は、花柚に料理を教わり自分で自炊が出来る様になった。
「ちどり亭」には花柚の従妹の美津彦が居候の様に入り浸っている。
美津彦の祖母が花柚の料理の先生だった。

ある日、花柚の元許嫁の総一郎が「ちどり亭」に仕出し弁当8人分を頼みに来た。
総一郎は京都府庁に勤める公務員。
府のプロジェクトを担当している総一郎は、書道家の紫香泰山の手を借りたいと考えていて、その交渉のための席を設けた。
その時に出す弁当を「ちどり亭」に打診してきたのだ。
弁当がそのプロジェクトを決めると言っても過言ではない。
花柚と彗太、美津彦は泰山が出しているエッセイや花柚のお見合い相手のコネを使い、泰山が好きな食べ物を調べる。

実は泰山は愛妻家で次の交渉時も妻が同席する。
その妻が好きな食べ物が「黄色くて、京都には無く、物産展で買えて食べた後には残骸が出る」泰山曰く「黄色い麻薬」である。
山形県の出身と聞き、さらに調べる三人。

「黄色い麻薬」とはどんな食べ物なのか?
総一郎のプロジェクトに泰山は参加するのか?
そして、花柚と総一郎の関係はどうなっていくのか???

【感想】
料理に真摯に向き合う花柚、その花柚から料理を教わる彗太と共に好感が持てます。
お弁当の注文した相手の状況を考えて、内容を決める花柚に相手があっての料理だと教えられます。
食材の旬や季節感も大事にしていて、必ず七十二候で暦が出てきます。
日本ならではの季節の呼び名やその意味も知ることができます。

お話は連作短編集になっていて、天ぷらをサクサクにあげるコツやアレルギーがある子供のために見栄えがするお弁当の工夫の仕方などそれぞれにちょっとした料理のコツが載っているところが主婦としては嬉しいところです。
読むと家族のために、もう少し気持ちをこめて作ろうと思う1冊です。

【目次】
1.桜始開、花見といつかのオムライス
2.玄鳥至、「黄色い麻薬」とお礼状
3.虹始見、飾り切りと青菜のおひたし
4.牡丹華、だし巻き卵と献立帖
5.紅花栄、練習帖と最後のお弁当

KADOKAWAメディアワークス文庫
311ページ
2016年7月23日第1刷発行
本体価格 610円
電子書籍あり

著者 十三 湊(とさ みなと)
『C.S.T.』で第20回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”を受賞して作家デビュー。
『ちどり亭にようこそ』が第10回エキナカ書店大賞を受賞し、人気を博す。著書
「成巌寺せんねん食堂 おいしい料理と食えないお坊さん」など

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

極彩色の食卓 みお

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「上半期に読んだ、私のおススメ本」

インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時

試聴はこちらからできます。

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/06/7-2_honsukiiclub_20190613.mp3

北海道在住のブックコーディネーターかーるさんがおススメの本を紹介します。
今週紹介する本は…

タイトル:極彩色の食卓(ことのは文庫)
著者:みお
出版社:マイクロマガジン社

【あらすじ】
絵を描けなくなり無気力に生きる美大生の燕と家事能力に欠けるかつて天才画家とうたわれた老婦人の律子。
偶然の出会いから料理の腕を見込まれ、燕は律子の居候となります。
二人は絵と料理を通して交流しながら、それぞれの秘密に向き合っていきます。

【みどころ】
鮮やかな色彩あふれる絵画描写と美味しそうな食事風景に心があたたまります。
食卓でのやり取りを通して、絆を深めるアットホームな場面は無邪気な親子のようです。
一方で、四季を描いた閉じられた部屋、溢れるほど贈りものをしてくる男性との関係など、律子の秘密が深まりながら話は進みます。

明け透けに見える律子の人生に横たわる年輪を感じさせ、その秘密を知りたくてたまらなくなります。
二人がそれぞれ自分と向き合い、心の傷を克服したあとのラストが爽やかな一冊。

個人的には、子どものように無邪気なのに年相応の思慮深さと母性を感じさせる律子が魅力的だと感じます。

追記:かーるさんのレビューの一文がこの本の帯に採用されました💕
新刊の帯に採用されたのは、
「鮮やかな色彩あふれる絵画描写と美味しそうな食事風景に心があたたまる」の一文です。
嬉しいですね♪

著者 みお
香川生まれの大阪育ち。
同人、商業と小説を発表しているライター兼業の文筆家。
料理専門誌ライターの経験を活かし、本作の料理は書かれている。
日頃から様々な事象を文章化するのが趣味で、本作の文章にもその経験が遺憾なく発揮されている。

極彩色の食卓 ことのは文庫で検索すると特設ページが出てきます。
表紙の絵があり、試し読みができますよ。

特設サイトはこちらから

http://micromagazine.net/kotonohabunko/gokusaishiki/

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

超速読力 齋藤孝

「『超速読力』とは資料や本をパッと見た瞬間に、内容を理解し、コメントを言える力のこと」

この本を手に取った理由は
1.小説の超速読の方法が載っている
2.齋藤孝さんの著書
この2点です。

基礎準備~心構え~

◆三色ボールペンでラインを引きながら読む
 赤…最も重要
 青…まあまあ重要
 緑…自分が面白いと「ときめいた」ところ
◆初めから一行ずつ読んでいく呪縛から自由になる
◆困ったら後半から読んで乗りきる
◆文章の9割はいらないと割り切る
◆どこが重要かわからないときは、ときめく文章を持ち帰る
◆「絶対に獲物をとる」という姿勢で活字に接する

新書、実用書の超速読

◆解説の引用文に注目して本文に線を引く
◆著者は何が好きで何が嫌いか感情に注目する
◆冒頭と最後、途中の2、3カ所をおさえるだけでも、大体の内容とコメントが言えるようになる
◆キーワードを3~5個用意して、それだけを探して赤丸をつけていくと、最後まで読めてオリジナリティのあるコメントが言えるようになる

超速読のトレーニング

◆10枚の資料の束を何セットか作り、1セット2分半で読むトレーニングを繰り返す
◆新書・文庫を3分で読み、内容を説明してコメントを言う。100冊読破を目安にする
◆知識量と読むスピードは比例する。似たテーマの本をまとめて読み知識を増やす
◆キーワードを決めて、見開きで素早く見つける練習をする。全体を俯瞰するように探す。
◆できるだけ高速で音読する習慣を続けてみる。デュアルタスク(二つのことを同時に行う)ができるようになり、目の動きを広げることにも役立つ
◆読んだら必ずアウトプットする

小説・古典を超速読する

◆有名な箇所だけおさえて、じっくりと味わう
◆名場面を切り取り「速音読」で感覚を身体にしみこませる
◆登場人物になりきって音読すると、作品の本質が理解できる
◆本を読む=偉大な人物の人格と触れ合う場と考えて、その出会いを大切にする
◆パッと開いたページに書いてある言葉を自分に与えられたメッセージとして受け取る
◆クールな眼で著者が言いたい事を掴み、それを熱いハートにくぐらせて、自分のものにしていく
◆要点をつまみ食いする読み方で一万冊まで読むと本を見る目ができる

まとめ

1.本は買って三色ボールペンでラインを引きながら読む
2.初めから一行ずつ読まずに飛ばし読みでよい
3.読んだら必ずアウトプットする

【感想】
長い間、本にラインを引くことや書き込みをすることに抵抗がありました。
昨年からラインを引いたり、書き込むようにしました。
すると、忘れた頃に本を読むかえしてみると、その時の自分の思考に触れるのです。
「ここが重要と思っていたのか」
「思考はあまり変わってないな」
など、振り返ることができます。

飛ばし読みもかなり抵抗がありました。
Read For Actionのほとんど読まない読書会に参加して
「こんな読みかたもあるのか」と目からウロコ!!
それからは、ビジネス書や新書、自己啓発書は飛ばし読みをしています。
やり方は下のサイトからご覧ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
一人読書会(朝活)のススメ

期待した小説の超速読ですが、文豪の書いた小説や古典はありかも知れませんが、一般的な文芸書でできるのか…。
ただ、たくさん読んでいると小説でも「ここは飛ばしても大丈夫」と思える箇所を見つけることはできます。


【目次】
はじめに 見た瞬間に理解できる「超速読力」が求められている
第一章 「超速読力」を身につける基礎準備~心構え
第二章 「超速読力」のやり方~資料を読む
第三章 「超速読力」のやり方~新書、実用書を読む
第四章 「超速読力」のトレーニング
第五章  高度な「超速読力」~小説、古典を味わう
第六章  実際に小説や古典を「超速読」してみよう
おわりに 書を買って、カフェに入ろう 

著者 齋藤孝
1960(昭和35)年、静岡生まれ。
明治大学文学部教授、専攻は教育学、身体論、コミュニケーション技法。
東京大学法学部卒。
同大学院教育学研究科博士課程を経て、現職。
NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。
『身体感覚を取り戻す』で新潮学芸賞受賞。著書
『声に出して読みたい日本語』
『雑談力が上がる話し方』
『コメント力』
『段取り力』などのベストセラーをはじめ著作多数。 

透明なきみの後悔を見抜けない 望月拓海

「『やらなきゃ』じゃなくて『やりたい』を見つけてほしいの」by 可子

【あらすじ】
百鬼開登(なきりかいと)は大学生。
開登は幽霊が見える。
見えた幽霊に話しかけ、亡くなる前に後悔していたことを思い出させ、相手に伝える。
仕事でもなく、ボランティアでもなく、小さい頃から幽霊が見える開登は、見えた幽霊を成仏させるために話を聞きだしていた。
周りからは独り言を話している様に見え、友人も居なかった。

野末は公園のベンチに寝ていた。
自分が何故ここに居るのか、自分が誰だかわからない。
人懐こい犬がやってきて、飼い主であろう青年…開登がやってきて話しかけてきた。
服装や少し話をして自分が「野末一樹、中学二年生の担任で社会科の教師、陸上部の顧問」であることを思い出す。
野末のクラスで大阪からの転校生、瀬戸五百里が不登校になり交換日記を始めたのだった。

途中から交換日記が五百里から返ってこなくなったので野末は心配していたのだった。
野末に変わって開登が五百里と会うことになった。
喫茶店には中年の女性と中学生の女の子がやってきた。
交換日記の話をし五百里からは「いつかは先生に渡そうと思っていたんですけど…」と開登は日記を譲り受けた。
帰り間際、野末は二人の顔を見た。
「あの人たちは…誰なの?」

【感想】
この本を読んで、ブルースウイルスが主演の映画「シックスセンス」を思い出しました。
最後の最後までしてやられました。
途中まで「あぁ、そうきたか」と思っていたのですが、それも気持ちよく裏切られました。

一つ一つの話がバラバラの様で実は連作短編集の様に繋がっています。
人?助けの様に幽霊に声をかけて話を聞く開登に好感を持ちました。

ミステリーであり青春小説であり、恋愛小説でもあります。
少し不思議な世界に迷い込んだようでした。

【目次】
第一話「熱血漢な野末一樹の後悔」
第二話「負けず嫌いな海老原実果の後悔」
第三話「さみしい相沢可子と佐良薫の後悔」
第四話「透明なきみの後悔を見抜けない」

講談社タイガ
288ページ
2019年7月17日第1刷発行
本体価格 690円
電子書籍あり

著者 望月拓海
神奈川県横浜市生まれ。
日本脚本家連盟会員。
静岡県浜松市と磐田市で育つ。
上京後、放送作家として音楽番組を中心に携わった後、2017年『毎年、記憶を失う彼女の救いかた』で第54回メフィスト賞を受賞しデビュー

著書
「毎年、記憶を失う彼女の救いかた 」
「顔の見えない僕と嘘つきな君の恋」

望月拓海 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


なぜかまわりに助けられる人の心理術  メンタリストDaiGo

「目指すところは、この人のためにやってあげたい」

私は人に頼るのが苦手です。
一人っ子で家は自営。
小さい頃から自分の事は自分でやらなければならない状況でした。
すぐに抱え込んでしまい、人にお願いすることができずに自滅する…。
そんなパターンが続いていて、なんとか脱却したいと思って手にした本です。

「やってもらえる人」の3つのルール

◆「つくさない」
 ・たまにやってあげる
 ・まわりに惜しみなく与えていた親分肌をちょっとだけやめてみる
◆「つよがらない」
 ・持ちつ持たれつ=支えさせてあげる(弱くみせる)
 ・少しダメなところを見せることで憧れの対象ではなく共感して「好き」になる
◆「頼まない」
 ・「お願い」と言わずに相手が望むビジョンを暗示しイメージさせる
 → 相手に「やってあげたい」という気持ちにさせる

やってあげたいと思わせる7つのトラップ

◆「先手を打つ」
 ・どんなに小さな先手でも見つけて行うと「お返しをしなくちゃいけない」と思う
◆「相談する」
 ・相談を持ち掛けて相手のアドバイスを引き出す。
 ・実行した後は、報告&感謝をする
◆お世辞を言い切る
 ・人はお世辞を言い切られると、内容そのものを否定するより自分の方を変えていく
 ・お世辞に感謝の言葉を入れる
◆自分の分担をアピールする
 ・相手を思うなら何か分担させるべき
 → 学校生活で全員が役割を平等に分担することで、自分に分担があるのが通常と感じる
 ・相手の動きに対して感謝の気持ちを伝える
◆曖昧にお願いする
 ・条件の部分はある程度、曖昧にしておいて「やります」と言わせてから詳しい条件を明かす
◆過去を引き合いに出す
 ・「あなたにしてもらったことを忘れずに今でも感謝しています」というアピールをする
 → 意図的ではなく「素」で!!
 → やってもらったことをメモしておく
◆急に黙る、目をそらす
 ・相手からこちらの欲しい情報を引き出す一番の方法は黙る

【感想】
3つのルールを読んで「あ~、私は正反対の事してる。だから自分でやってしまうんだ」と原因がハッキリしました(笑)
3つのルールも7つのトラップもざっくりと書きましたが、本書では具体的な事例も載っています。
とてもわかりやすく且つ重要な所は太字、ラインがあり、図解での解説もあるので、読みやすい本でした。

全部読まなくても目次を読み、自分の興味を持ったところを読むだけでもタメになります。
私はこの本を読んで、まず目の前にいる友人をホメました。
この手の本は読んだ後にベイビーステップ、今日中にできる小さなステップを決めて行うことが大切です。
本書のおわりにでも、「あとは行動あるのみです」と記されています。

私の様に「人に頼れない」「自分で抱え込んでしまいがち」な人におススメです。

【目次】
はじめに
PART1 あなたが頑張るのをやめればみんなが幸せになる
PART2 「やってもらえる人」の3つのルール
PART3 やってあげたいと思わせる7つのトラップ
PART4 やってもらってばかりでも好かれる5つの習慣
おわりに

宝島社新書
223ページ
2019年4月10日第1刷発行
本体価格 780円

著者 メンタリストDaiGo
ジェネシスヘルスケア株式会社 
顧問新潟リハビリテーション大学 特任教授
慶応義塾大学理工学部物理情報工学科卒
人の心を作ることに興味を持ち、人工知能記憶材料系マテリアルサイエンスを研究
英国発祥のメンタリズムを日本のメディアに初めて紹介し、日本唯一のメンタリストとしてTV番組に出演
その後、活動をビジネスやアカデミックな方向へ転換、企業のビジネスアドバイザーやプロダクト開発、作家、大学教授として活動
ビジネスや話術から、恋愛や子育てまで幅広いジャンルで人間心理をテーマにした著書は累計270万部

趣味は1日10~20冊程度の読書、猫と遊ぶこと、ニコニコ動画、ジム通い

著書
『「好き」を「お金」に変える心理術』
『トークいらずの営業術』
『直感力』など多数

メンタリストDaiGo オフィシャルブログ

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


この夏のこともどうせ忘れる 深沢仁

「必要なのは『ちょうどいい人』だ」by 梨奈

【あらすじ】
市井梨奈は高校三年生。
一か月前に別れた彼氏は大学生。
高校生活最後の彼氏を誰にしようか迷っている。
制服でデートしたいので同じ学年の男子を探している。
友達のアッコは「フツーの受験生はそんなヒマないよ」という。
だから梨奈は「ちょうどいい人」を探している。
白羽の矢を立てたのは「生き残り」と呼ばれている篠晃弘。

野球部に入った篠は、先輩からのいじめや超体育会系の練習で他の一年生が辞めたなか唯一残った。
熱中症事件が起こった死のロードワークでも、二年生が全滅になったが篠だけは倒れずに職員室に駆け込み救急車を呼んでもらった…まさしく「生き残り」なのだ。
このことがきっかけで野球部は廃部。
そんなエピソードを聞き、梨奈は篠のことが好きになる。

篠のバイト先に行き、告白するとすんなりOK。
デートをしても篠は口数が少なく梨奈が喋りっぱなし。
それでも梨奈は篠との恋愛を楽しんでいた。

夏休みのある日、私服でデートをしていると篠の両親と妹達の四人とバッタリ出会った。
その日から梨奈がメールをしても電話をしても連絡が取れなくなった。
数日後、篠のバイト先に行くと同僚が携帯が壊れて梨奈と連絡が取れなくなったこと。
篠は風邪でしばらくバイトを休むこと。
連絡先を教えてくれたら後で連絡すること。

篠から連絡があり梨奈は「会いたい」とせがむ。
梨奈の家に来た篠の顔は殴られた痕があり、左腕も腫れあがっていた。
篠は家の状況を少しずつ語り始めた…。

【感想】
どの話も妙に心に引っかかってしまうストーリーです。
特にあらすじを紹介した「生き残り」は胸キュンでした。
梨奈ちゃんが可愛らしいし、篠くんのキャラはど真ん中💕
切ないラブストーリーにやられました。

どの話も主役は高校生。
高校生の夏って子どもでもなく、大人でもない
感受性は豊かで怖いもの知らず。
自分の高校生の夏を振り返っていました。

夜遅くまで友達の家で喋ってたこと。
初めて外泊したのも高校生だった。
バイト先の友達と近所の駐車場で夜中まで遊んだこと。
あれもこれも全部、夏の出来事だったなぁ。
懐かしくてちょっぴり照れくさいあの日の事を思い出させてくれる本です。

【目次】
空と窒息
昆虫標本
宵闇の山
生き残り
夏の直線
あとがき

ポプラ社
268ページ
2019年7月4日第1刷発行
640円

著者 深沢仁
都内在住の物書き。
極度な方向音痴。
気分屋の浪費家。
夜型の嘘吐き。
飽きっぽい。
忘れっぽい。
第2回「このライトノベルがすごい!」大賞優秀賞受賞作『R.I.P. 天使は鏡と弾丸を抱く』でデビュー

著書
「狼少女は羊を逃がす」
「英国幻視の少年たち」など

深沢仁 ブログ

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。